アンリ・カガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンリ・カガン(Henri B. Kagan、1930年12月15日 - )は、フランスの化学者。現在、パリ第11大学の教授である。ブローニュ=ビヤンクール生まれ。

来歴[編集]

ソルボンヌ大学を卒業し、コレージュ・ド・フランスのJ・ジャックの下でポスドク研究を行った。その後、A・オローの助手を経てパリ第11大学に移った。

カガンは不斉合成の分野の草分けとして広く知られている。その発見は、製薬の方面にまで大きな影響を及ぼした。

2001年のノーベル化学賞バリー・シャープレス野依良治ウィリアム・ノールズの3人が受賞し、カガンが選から漏れたことに対しては、大きな議論が沸き起こった。カガンこそがこの分野の草分けであり、受賞にふさわしいと考える人が多かったためである。しかし受賞は3人までに限られており、カガンは受賞を逃した。

カガンは科学アカデミーの会員であり、レジオンドヌール勲章を受勲した。

受賞歴[編集]

参照[編集]

  • Who's who in Western Europe - Google Books. Books.google.ca (2007-01-19). Retrieved on 2014-06-16.
  • Henri B. Kagan, Dang-Tuan-Phat (1972). “Asymmetric catalytic reduction with transition metal complexes. I. Catalytic system of rhodium(I) with (−)-2,3-0-isopropylidene-2,3-dihydroxy-1,4-bis(diphenylphosphino)butane, a new chiral diphosphine”. Journal of the American Chemical Society 94 (18): 6429–6433. doi:10.1021/ja00773a028.