カール・マンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、インド・ヨーロッパ語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いマンハイム・カーロイと表記することもあります。(Template:ハンガリー人の姓名
カール・マンハイム
人物情報
生誕 (1893-03-27) 1893年3月27日
 ハンガリー ブダペスト
死没 1947年1月9日(1947-01-09)(53歳)
学問
研究分野 社会学
研究機関 フランクフルト大学
テンプレートを表示

カール・マンハイムドイツ語: Karl Mannheimハンガリー語: Manheim Károly1893年3月27日 – 1947年1月9日)は、ハンガリーユダヤ人社会学者知識社会学の提唱者。

経歴[編集]

1893年、ブダペストに、ハンガリー出身の父とドイツ出身の母のもとに生まれた。ブダペストとフライブルクで学び、1914年にベルリンゲオルク・ジンメルの教えを受けた。その後さらにパリとハイデルベルクでも学び、1918年に博士号を得た。翌1919年にドイツに移住し、1922年から1925年までアルフレート・ヴェーバーのもとで働いた後、1926年にハイデルベルクで私講師に、1929年にフランクフルト大学社会学科正教授に就任。1933年にアドルフ・ヒトラーが政権をとったためイギリスに亡命し、ロンドン大学講師を経て、1946年にロンドン大学教育学部の主任教授となる。1947年にロンドンで没。

思想・影響[編集]

マルクスイデオロギー概念を支配階級の虚偽意識であると規定したのに対して、彼は、どんな思想もその立場や時間に拘束されているという思想存在被拘束性を指摘し、知識社会学を構想した。思想の存在被拘束性を乗り越え真理に近づくためには、全体的視野から相関や歴史を見ようと立場を自由に浮動する知識人(自由に浮動するインテリゲンチャドイツ語版)になるべきだとした。大衆社会の危険性について論じた『変革期における人間と社会』は、後のエーリヒ・フロムなどの大衆社会論の流れに大きな影響を与えた。日本では丸山眞男がマンハイムから大きな影響を受けているが、丸山はそれをスターリンの『レーニン主義の基礎』の代替として活用している。[要出典]

著書[編集]

日本語訳[編集]

上記のほかに樺俊雄監訳『マンハイム全集』全6巻(潮出版社)がある。以下日本語版『全集』の内容を示す。

  • 第1巻『初期論文集』[1]
  • 第2巻『知識社会学』[2]
    • 樺俊雄訳「知識の社会学の問題」
    • 陸井四郎訳「精神的形象のイデオロギー的解釈と社会学的解釈」
    • 田野崎昭夫訳「精神的領域における競争の意義」
    • 陸井四郎訳「経済的成功志向の本質と意義-経済社会学への寄与」
    • 樺俊雄訳「知識社会学」
  • 第3巻『社会学の課題』[3]
    • 石川康子訳「保守的思考」
    • 鈴木広訳「世代の問題」
    • 川崎嘉元訳「ドイツにおける社会学の問題論」
    • 朝倉恵俊訳「社会学の現代的課題」
  • 第4巻『イデオロギーとユートピア』[4]
  • 第5巻『変革期における人間と社会』[5]
  • 第6巻『自由・権力・民主的計画』[6]

参考[編集]

  1. ^ 潮出版社『マンハイム全集1』内容紹介
  2. ^ 潮出版社『マンハイム全集2』内容紹介
  3. ^ 潮出版社『マンハイム全集3』内容紹介
  4. ^ 潮出版社『マンハイム全集4』内容紹介
  5. ^ 潮出版社『マンハイム全集5』内容紹介
  6. ^ 潮出版社『マンハイム全集6』内容紹介