アルフレート・ヴェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アルフレート・ヴェーバー (Alfred Weber、1868年7月30日 - 1958年5月2日)は、ドイツ社会学者並びに経済学者であり、マックス・ヴェーバーの弟である。日本では慣習的にアルフレッド・ウェーバーのように英語風にも読まれる。 

経歴[編集]

エアフルトに生まれる。兄のマックス・ヴェーバーと同様に、アルフレート・ヴェーバーも経済学を修め、1909年に経済学の位置論への重要な貢献を行った。その後、当時まだ新しい学問だった社会学の研究に邁進、文化社会学を確立した。1904年より1907年にかけてプラハ大学の教授職、後ハイデルベルク大学に就任した。しかしナチス期中(1933年 - 1945年)には退職に追い込まれ、戦後に再度ハイデルベルク大学に復帰。1954年のドイツ連邦大統領選挙の際ではドイツ共産党から(本人の同意なしに)候補者に推されている。ハイデルベルクで死去。

経済学的位置論[編集]

著書[編集]

  • Über den Standort der Industrien: Reine Theorie des Standorts (1909年、日本語訳: 篠原泰三訳 (1986) 『工業立地論』 大明堂)
  • Industrielle Standortlehre (1914年)
  • Religion und Kultur (1924年)
  • Die Krise des modernen Staatsgedankens in Europa (1925年)
  • Ideen zur Staats- und Kultursoziologie (1927年)
  • Kulturgeschichte als Kultursoziologie (1935年)
  • Das Tragische und die Geschichte (1943年)
  • Farewell to European history ... (1947年)
  • Der dritte oder vierte Mensch. Vom Sinn des geschichtlichen Daseins (1953年)
  • Einführung in die Soziologie (1955年)

関連文献[編集]

  • Nicolaus Sombart: Rendevous mit dem Weltgeist. S. Fischer Verlag, Frankfurt am Main, ISBN 3-10-074422-5, 内 Zweiter Teil, Kapitel "Alfred Weber"