大河内了義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大河内 了義(おおこうち りょうぎ、1930年 - )は、日本ドイツ文学者、比較思想学者、神戸大学名誉教授。

現在の愛知県西尾市生まれ。1953年大谷大学独文科卒。1956年京都大学大学院修士課程修了。1957年愛知大学講師。1959年から1961年まで西独ハイデルベルク大学留学。1962年、神戸大学教養部助教授。1969年から1972年までハイデルベルク大学。1975年から1976年までレーゲンスブルク大学で、それぞれ客員研究員。1993年、定年退官、名誉教授。大谷大学教授。1995年、大谷大文学博士

著書[編集]

  • ニーチェと仏教 根源的ニヒリズムの問題 法蔵館 1982.11
  • 自然(じねん)の復権 ニーチェの科学批判と親鸞の自然法爾 毎日新聞社 1985.6
  • 崩壊する価値観 危機の現代と宗教 難波別院 1991 (御堂叢書
  • 異文化理解の原点 法蔵館 1995.9
  • Wie man wird, was man ist : Gedanken zu Nietzsche aus ostlicher Sicht Wissenschaftliche Buchgesellschaft, c1995.(博士論文)

翻訳[編集]

  • サルトルカミュ 実存の文学 レオ・ポルマン 水野和久共訳 三修社 1972
  • マンハイム全集 1 ルカーチ『小説の理論』批評 科学分類の問題 潮出版社 1975
  • 反時代的考察 ニーチェ全集 白水社 1980.4
  • ニーチェ全集 第1期 第4巻 遺された断想(1972年夏-74年末) 白水社 1981.3
  • 東洋の意味 ドイツ思想家のインド観 ヘルムート・フォン・グラーゼナップ 法蔵館 1983.10
  • 自らに手をくだし 自死について ジャン・アメリー 法政大学出版局 1987.4 (叢書・ウニベルシタス)
  • Fudo, Wind und Erde : der Zusammenhang zwischen Klima und Kultur /和辻哲郎『風土』 Dora Fischer-Barnicol共訳 Wissenschaftliche Buchgesellschaft, c1992.

参考[編集]

  • 『自然の復権』著者紹介文