青井和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青井 和夫(あおい かずお、1920年1月1日-2011年11月21日[1])は、日本社会学者構造機能主義の理論的地平から、地域社会学家族社会学における生活構造論の研究を進めた。

略歴[編集]

岡山県出身。1941年東京帝国大学法学部卒業。東京大学文学部社会学科卒業。東京学芸大学助教授、1961年東京大学文学部社会学科助教授1970年教授1980年定年退官、名誉教授、津田塾大学学芸学部教授、1988年流通経済大学社会学部教授。同名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『コミュニティ・アプローチの理論と技法 地区保健福祉計画の手びき 績文堂、1963
  • 『家庭を考える 変わりつつある家庭観 講談社、1981
  • 『中国の産業化と地域生活』東京大学出版会、1996

編著[編集]

共編著[編集]

  • 生活構造の理論 松原治郎副田義也共編 有斐閣、1971
  • 家族変動の社会学 増田光吉共編 培風館、1973
  • 家族と地域の社会学 庄司興吉共編 東京大学出版会、1980
  • 福祉と計画の社会学 直井優共編 東京大学出版会、1980
  • 健康農村活動と地域社会 羽生市千代田地区 宮坂忠夫共編 東京大学出版会、1982
  • 中高年齢層の職業と生活 定年退職を中心として 和田修一共編 東京大学出版会、1983
  • 日本教育の力学 新堀通也共編 有信堂高文社、1983
  • ライフコースと世代 現代家族論再考 森岡清美共編 垣内出版、1985
  • 現代日本人のライフコース 森岡清美共編 日本学術振興会、1987
  • 現代市民社会とアイデンティティ 21世紀の市民社会と共同性:理論と展望 高橋徹、庄司興吉共編 梓出版社、1998
  • 福祉社会の家族と共同意識 21世紀の市民社会と共同性:実践への指針 高橋徹、庄司興吉共編 梓出版社、1998
  • 市民性の変容と地域・社会問題 21世紀の市民社会と共同性:国際化と内面化 高橋徹、庄司興吉共編 梓出版社、1999

翻訳[編集]

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典:[2]

[編集]

  1. ^ [1]