カール・アイカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・アイカーン英語:Carl Icahn、1936年2月16日 - )はアメリカ合衆国投資家。持株会社アイカーン・エンタープライズの創業者。2011年時点で総資産が125億ドルの資産家である。アイカーンは今や、テキサコウエスタンユニオンバイアコムサムソナイトハーバライフなどに影響力をもっており、原子力開発で有名なKerr-McGee に対しても同様である。

概要[編集]

ユダヤ教カントールの父と、学校教師の母のもとにニューヨーク市クイーンズ区に生まれたユダヤ人である。ニューヨークのファーロックアウェイ高校を卒業。プリンストン大学哲学を専攻して卒業。その後、ニューヨーク大学医学を専攻するも、中退している。1961年、25歳のときドレフュス商会(1951年にしてミューチュアル・ファンドに進出した。1994年にメロン・フィナンシャルと合併した。)で働きはじめた[1]1968年[2]、自身のヘッジファンド、のちのアイカーン・エンタープライズとなるIcahn & Co.を設立した。

2015年9月末時点でアイカーンは投資総額約1兆7000億円のファンドを運営し、企業の経営権を取得する「乗っ取屋」として有名である[3]。たとえば1985年にトランス・ワールド航空を買収した。このころ、アイヴァン・ボウスキーマイケル・ミルケンと並び、ガルフ・アンド・ウェスタンなどの買収をめぐりウォール街市場でのインサイダー取引を疑われていた[4][5][6][7]

2000年以降、アイカーン・エンタープライズは年平均22%の運用成績を収めている[8]。2004年、マイラン株を買収して議決権を増やし、マイラン名義でKing Pharmaceuticals を買収した。2006年2月、ラザードCEO と作成した343ページに及ぶ企画書にタイムワーナー買収を盛り込んだ。また、2010年6月までブロックバスター (企業) の重役であった。同年7月にメンター・グラフィックスの14%を買収し、2011年2月に買収提案までした。2012年10月31日、ネットフリックスの10%を買収した。2015年11月23日、ゼロックス株の持分7.13%を公開した[9]。こうした例に見られるよう、近年は少数持分を取得した上で経営改革を迫る手法をとるようになった[10]

エピソードなど[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Investopedia "Carl Icahn: Success Story" 2016年11月20日閲覧
  2. ^ この年にユーロクリアが誕生し、ユーロ債決済機構として名を馳せた。
  3. ^ カール・アイカーン氏 日本経済新聞
  4. ^ フィナンシャル・タイムズ人名録 Who is Carl Icahn? 2016年11月20日閲覧
  5. ^ Gilbert Geis, White-Collar and Corporate Crime: A Documentary and Reference Guide: A Documentary and Reference Guide, ABC-CLIO, 2011, pp.147-
  6. ^ シカゴ・トリビューン Icahn Target Of Sec Probe On Insiders March 18, 1987
  7. ^ LosAngelsTimes Why Boesky Insider Trading Case Rocked Wall St. 1986/12/1
  8. ^ http://forbesjapan.com/articles/detail/5597
  9. ^ Kevin Orland (2015年12月7日). “Pep Boys Rises After Icahn Takes Stake With Eye Toward Deals”. Bloomberg Business. 2015年12月7日閲覧。
  10. ^ 米ゼロックスが分社化を発表、アイカーン氏に取締役会議席 ロイター 2016/1/30
  11. ^ Maggie Haberman (21 October 2015). "Carl Icahn, Supporter of Donald Trump, Plans $150 Million ‘Super PAC’". New York Times. Retrieved 21 October 2015
  12. ^ “アイカーン氏:トランプ大統領誕生なら財務長官就任案受け入れ”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NSR11H6K50XU01.html 2016年3月14日閲覧。