カッラーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カッラーラ
Carrara
カッラーラの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
トスカーナ州の旗 トスカーナ
マッサ=カッラーラ
CAP(郵便番号) 54033
市外局番 0585
ISTATコード 045003
識別コード B832
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 62737 [1](2017-01-01)
人口密度 880 人/km2
文化
住民の呼称 carraresi
守護聖人 San Ceccardo
祝祭日 6月16日
地理
座標 北緯44度5分0秒 東経10度6分0秒 / 北緯44.08333度 東経10.10000度 / 44.08333; 10.10000座標: 北緯44度5分0秒 東経10度6分0秒 / 北緯44.08333度 東経10.10000度 / 44.08333; 10.10000
標高 100 (0 - 1610) [2] m
面積 71.29 [3] km2
カッラーラの位置(イタリア内)
カッラーラ
カッラーラの位置
マッサ=カッラーラ県におけるコムーネの領域
マッサ=カッラーラ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

カッラーライタリア語: Carrara)は、イタリア共和国トスカーナ州マッサ=カッラーラ県にある都市で、その周辺地域を含む人口6万3000人の基礎自治体コムーネ)。

古来大理石の生産地として知られる。とくにカッラーラ・ビアンコと呼ばれる白大理石で著名であり、ミケランジェロダビデ像などに用いられている。

名称[編集]

日本語文献では、カラーラ[4]カルラーラ[5]とカタカナ表記されることもある。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。括弧内のSPはラ・スペツィア県所属を示す。

歴史[編集]

マッサとは15世紀から19世紀までマッサとカッラーラで公国を構成していた。

経済・産業[編集]

大理石の生産で最も重要な中心で、有名な白大理石はアプアーネ・アルプス近辺から産出する。

古代ローマの神殿やルネッサンス期の彫刻(ミケランジェロダビデ像)、近年ではロンドンのマーブル・アーチや2007年に完成したアブダビシェイク・ザーイド・モスクに石材を提供してきた。

石切り場
大理石採掘の跡を見せる山肌

分離集落のひとつコロンナータでは、大理石の桶を使用して製造されるラルド・ディ・コロンナータというラルド(豚の背脂の加工品)が名産。

文化[編集]

街の記念碑としては12世紀大聖堂と現在は「美術アカデミー」なっている16世紀のドゥカーレ宮殿などがある。

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

プロサッカークラブであるカッラレーゼ・カルチョが本拠を置く。2017-18シーズンはセリエC(3部リーグ)に属する。

行政[編集]

分離集落[編集]

カッラーラには、以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

Codena, Bedizzano, Bergiola, コロンナータイタリア語版, Miseglia, Torano, Sorgnano, Avenza, Marina di Carrara, Castelpoggio, Fontia, Gragnana, Noceto

姉妹都市[編集]

カッラーラ出身の人物[編集]

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2017 by sex and marital status” (英語). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Massa-Carrara (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2017年10月22日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Massa-Carrara (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2017年10月22日閲覧。
  4. ^ 『現代地図帳 2006-2007』 二宮書店2006年、60頁。
  5. ^ ジャンルイジ ブッフォン”. 現代外国人名録2012(コトバンク所収). 2017年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]