オリオン座シグマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリオン座σ星[1]
Sigma Orionis
星座 オリオン座
視等級 (V) 3.80[1]
3.75 - 3.81(変光)[2]
変光星型 疑わしい[2]
分類 分光連星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  05h 38m 44.77934 s[1]
赤緯 (Dec, δ) −02° 36′ 00.1186″[1]
赤方偏移 0.000100[1]
視線速度 (Rv) 29.90 km/s[1]
年周視差 (π) 3.04 ± 8.92ミリ秒[1]
(誤差293.4%)
物理的性質
スペクトル分類 O9.5V [1]
色指数 (B-V) -0.24[3]
色指数 (U-B) -1.01[3]
色指数 (R-I) -0.24[3]
別名称
別名称
オリオン座48番星[1]
BD -02 1326[1]
HD 37468[1]
HIP 26549[1], HR 1931[1]
SAO 132406[1]
NSV 16610[1]
Template (ノート 解説) ■Project

オリオン座σ星は、オリオン座の恒星で4等星。

特徴[編集]

この星は多重星で、1150光年の距離にある星団に属している[4]。この星団には木星の数倍程度の質量の褐色矮星が多数含まれていると推測される[4]。この星系や星団は、『Orion OB1 association』に属している[4]

AとBは数百万年前に誕生した水素核融合を行う主系列星であり、このペアは離角0.25秒、実際には90天文単位離れ周期170年となる[4]

DとEはよく似たB型主系列星であるが、Eはヘリウムが豊富な星である[4]。Eのヘリウムは自転軸および磁場の軸に集中している[4]

AとBのペアから、Cは3900天文単位、Dは4600天文単位、Eは15000天文単位離れている[4]。AとBの軌道は安定しているが、他の3星はそうではなく、恒星の最後を迎える かなり前に速度が増し星系から離脱するかもしれない[4]

最終的には、Aが一番初めに超新星となり、続いてBが超新星となり、残りの3星は白色矮星となると推測される[4]。Aの超新星爆発はBを星系から追放する可能性も推測されている[4]

指標 構成要素
A B C D E
スペクトル型 O9.5 主系列星[4] B0.5 主系列星[4] A型主系列星[4] B2 主系列星[4] B2 主系列星[4]
視等級 4.2[4] 5.1[4] 9[4] 6.62[4] 6.65[4]
質量 (M) 18[4] 13.5[4] 7[4] 7[4]
半径 (R)
光度 (L) 35,000[4] 30,000[4]
表面温度 (K) 32,000[4] 29,600[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Results for sig Ori”. SIMBAD Astronomical Database. 2017年9月6日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Results for nsv 16610. 2017年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c 輝星星表第5版
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab James B. Kaler. “Sigma Orionis”. STARS. 2017年9月6日閲覧。