S Ori 70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリオン座S星70
S Ori J053810.1-023626
仮符号・別名 S Ori 70
星座 オリオン座
等級 (J) 20.8等級
天文学上の意義
意義 初めて発見された自由浮遊惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  05h 38m 10.10s
赤緯 (Dec, δ) −20° 36′ 26.0″
固有運動 (μ) 赤経: 10 ± 4 ミリ秒/年
赤緯: 5 ± 4 ミリ秒/年
距離 約1435 光年
(約440 pc)
物理的性質
半径 1.6 RJ
質量 3+2.5-1.5 MJ
スペクトル分類 T6 D
表面温度 1100+200-100 K
年齢 300万年?
発見
発見日 2002年11月24日
発見者 M. R. Zapatero Osorio
E. L. Martin's team
ロケ・デ・ロス・
ムーチャチョス天文台
発見方法 近赤外線分光法
別名称
別名称
S Ori 70、
Mayrit 520267、
S Orionis 70、
S Orionis J053810.1-023626
Template (ノート 解説) ■Project

S Ori 70(S Ori J053810.1-023626、オリオン座S星70)は、T型褐色矮星と推定されている惑星質量天体である。最初に発見された自由浮遊惑星である。

概要[編集]

大きさの比較
木星 S Ori 70
木星 Exoplanet

S Ori 70は、2002年に発見された天体で、質量は木星の3倍、直径は1.6倍と推定され、地球から約1435光年離れた位置にある。オリオン座σ星星団の中にあり、位置的にオリオン座S星と近い。もし星団に属するならば、年齢は300万年と推定されている。大気中に金属を含んでおり、低重力であることから、太陽などとは大幅に性質が異なっている。観測から3年後の位置測定から、S Ori 70が単一のT型褐色矮星であるならば、もっと遠くにあることが推定される。

関連項目[編集]

出典[編集]