オリオン座カッパ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリオン座κ星[1]
Kappa Orionis
仮符号・別名 サイフ[2], Saiph[3][4]
星座 オリオン座
視等級 (V) 2.06[1]
2.01 - 2.09(変光)[5]
変光星型 疑わしい[5]
分類 B型超巨星またはB型極超巨星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 47m 45.38884s[1]
赤緯 (Dec, δ) -09° 40′ 10.5777″[1]
赤方偏移 0.000068[1]
視線速度 (Rv) 20.5 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 1.46 ミリ秒/年[1]
赤緯: -1.28 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 5.04 ± 0.22 ミリ秒[1]
距離 646.83 ± 29.52 光年[注 1]
(198.41 ± 9.06 パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -4.428[注 2]
Orion constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
κ星の位置
物理的性質
半径 22.2 R[6]
質量 15.50 ± 1.25 M[7]
表面重力 2.9 (log g)[6]
自転速度 83 km/s[6]
スペクトル分類 B0.5Ia [1]
光度 56,881 L[7]
表面温度 26,500 K[6]
色指数 (B-V) -0.17[8]
色指数 (U-B) -1.03[8]
色指数 (R-I) -0.18[8]
年齢 1,110 ± 50 万年[9]
別名称
別名称
オリオン座53番星[1]
BD -09 1235[1]
FK5 220[1], HD 38771[1]
HIP 27366[1], HR 2004[1]
SAO 132542[1]
NSV 2641[1]
Template (ノート 解説) ■Project

オリオン座κ星は、オリオン座にある2等星恒星である。

特徴[編集]

地球からの距離が同じくらいのリゲルよりも暗く見えるが、これは表面温度が高く可視光領域よりも波長の短い光の放射がより大きいためである[10]太陽質量の15.50倍の質量を持つ[7]極超巨星あるいは非常に大きな超巨星に分類され、将来は超新星爆発を起こすだろうと考えられている[10]

名称[編集]

バイエル符号はκ Orionis (略称はκ Ori)。固有名のサイフ[2] (Saiph[3][4]) は、アラビア語で「ジャウザーの剣」を意味する saif al jabbār に由来する。これは元々η星、c星、θ星ι星の並びを指す言葉であったが、後に誤ってκ星の名前とされたものである[3]17世紀に解読されたAl Achsasi al Mouakketでは、この星はRekbah al Jauza al Yemeniatと呼ばれ、ラテン語で「Genu Dextrum Gigantis(巨人の右足)」と翻訳された[11]2016年7月20日国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Saiph をオリオン座κ星の固有名として正式に承認した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME SAIPH. 2016年12月16日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版第4刷版) 恒星社厚生閣、2007年2月28日、227頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  3. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart. A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Publishing. p. 46. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年12月16日閲覧。
  5. ^ a b NSV”. Results for NSV 2641. 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ a b c d Crowther, P. A.; Lennon, D. J.; Walborn, N. R. (January 2006). “Physical parameters and wind properties of galactic early B supergiants”. Astronomy and Astrophysics 446 (1): 279–293. arXiv:astro-ph/0509436. Bibcode 2006A&A...446..279C. doi:10.1051/0004-6361:20053685. 
  7. ^ a b c Hohle, M. M.; Neuhäuser, R.; Schutz, B. F. (April 2010). “Masses and luminosities of O- and B-type stars and red supergiants”. Astronomische Nachrichten 331 (4): 349. arXiv:1003.2335. Bibcode 2010AN....331..349H. doi:10.1002/asna.200911355. 
  8. ^ a b c 輝星星表第5版
  9. ^ Tetzlaff, N.; Neuhäuser, R.; Hohle, M. M. (January 2011). “A catalogue of young runaway Hipparcos stars within 3 kpc from the Sun”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 410 (1): 190–200. arXiv:1007.4883. Bibcode 2011MNRAS.410..190T. doi:10.1111/j.1365-2966.2010.17434.x. 
  10. ^ a b Professor James B. (Jim) Kaler. “Saiph”. University of Illinois. 2016年12月16日閲覧。
  11. ^ Knobel, E. B. (June 1895). “Al Achsasi Al Mouakket, on a catalogue of stars in the Calendarium of Mohammad Al Achsasi Al Mouakket”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 55 (8): 429. Bibcode 1895MNRAS..55..429K. doi:10.1093/mnras/55.8.429. 

関連項目[編集]