オリオン座イータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリオン座イータ星
星座 オリオン座
視等級 (V) 3.42[1]
変光星型 アルゴル型[2]
分類 B1 V + B3 V + B2 V[3]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 05h 24m 28.61672s[4]
赤緯 (Dec, δ) -02° 23′ 49.7311″[4]
視線速度 (Rv) +19.8[5]
固有運動 (μ) RA:-0.71[4]
Dec:-3.46[4]
年周視差 (π) 3.34 ± 1.07 mas[4]
物理的性質
色指数 (B-V) -0.17[1]
色指数 (U-B) -0.90[1]
別名称
別名称
η Ori, 28 Ori, BD-02°1235, HD 35411, HIP 25281, HR 1788, SAO 132071.[6]
■Project ■Template

オリオン座イータ星(η Ori, η Orionis)は、オリオン座の恒星である。オーリーオーンの剣の鞘の位置に当たるため、アラビア語で剣を意味するサイフ(Saiph)[7]、アラビア語で盾を意味するAlgjebbah[8]、ラテン語で剣を意味するエンシス(Ensis)等の固有名を持つ。オリオン座イータ星は、オリオンのベルトの少し西側、オリオン座デルタ星リゲルの間にある。地球からは約1000光年離れ、オリオン腕の中に存在する。

四重星系であり、そのうち3つは望遠鏡で識別できる。主星は、3つの恒星からなる食連星である。これらの恒星は、8日間と9.2年間の周期で公転している。また、この中には約8時間の周期で脈動する変光星が含まれる。3つの恒星は、スペクトル分類が各々B1 V、B3 V、B2 VのB型主系列星である[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Crawford, D. L.; Barnes, J. V.; Golson, J. C. (1971), “Four-color, H-beta, and UBV photometry for bright B-type stars in the northern hemisphere”, The Astronomical Journal 76: 1058, Bibcode 1971AJ.....76.1058C, doi:10.1086/111220 
  2. ^ AAVSO International Variable Star Index VSX (Watson+, 2006-2012) VizieR
  3. ^ a b Zasche, P. et al. (August 2009), “A Catalog of Visual Double and Multiple Stars With Eclipsing Components”, The Astronomical Journal 138 (2): 664-679, arXiv:0907.5172, Bibcode 2009AJ....138..664Z, doi:10.1088/0004-6256/138/2/664 
  4. ^ a b c d e van Leeuwen, F. (November 2007), “Validation of the new Hipparcos reduction”, Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653-664, arXiv:0708.1752, Bibcode 2007A&A...474..653V, doi:10.1051/0004-6361:20078357 
  5. ^ Evans, D. S. (June 20-24, 1966), Batten, Alan Henry; Heard, John Frederick, ed., The Revision of the General Catalogue of Radial Velocities, University of Toronto: International Astronomical Union, http://adsabs.harvard.edu/abs/1967IAUS...30...57E 2009年9月10日閲覧。 
  6. ^ “CCDM J05245-0223AB -- Double or multiple star”, SIMBAD (Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg), http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-id?Ident=Eta+Orionis 2012年2月9日閲覧。 
  7. ^ Allen, R. H. (1899). Star Names: Their Lore and Meaning. New York: G. E. Stechert. p. 316. 
    Saiph was also used to indicate Kappa Orionis in the same constellation.
  8. ^ Moore, P. (1983). The Guinness Book of Astronomy: Facts and Feats (2nd ed.). Middlesex: Guinness Superlatives Limited. p. 230.