オニグルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オニグルミ
Juglans mandshurica var. sieboldiana fruits.JPG
オニグルミ Juglans mandshurica var. sachalinensis
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: ブナ目 Fagales
: クルミ科 Juglandaceae
: クルミ属 Juglans
: マンシュウグルミ J. mandshurica  
変種 : オニグルミ J. m. var. sachalinensis
学名
Juglans mandshurica Maxim. var. sachalinensis (Komatsu) Kitam.[1]
シノニム
  • Juglans ailanthifolia Carrière[2]
  • Juglans mandshurica Maxim. subsp. sieboldiana (Makino) Kitam.[3]
  • Juglans mandshurica Maxim. var. sieboldiana Makino[4]
  • Juglans sieboldiana Maxim.[5]
和名
オニグルミ、カラフトオニグルミ
英名
Japanese walnut

オニグルミ鬼胡桃学名Juglans mandshurica var. sachalinensis)は、クルミ科クルミ属に属する植物。

概要[編集]

オニグルミは落葉高木で、日本樺太に分布する。日本においては九州から北海道にかけて広く分布する。主に山間の川沿いなどでよく見られる。大型の奇数羽状複葉で、特に初夏の開花時期には垂れ下がった雄花序と共によく目立つ。
花期は5 - 6月ごろ、風媒花雌雄同株。雌花は新枝の先に10個ほど穂になって咲き、雌蕊は真っ赤で二股である。 雄花は前年の枝に多数房となって垂れ下がる。
種子)は食用になるが、広く市販されるテウチグルミシナノグルミに比較してやや小さく、殻が厚めで非常に堅いので、仁を綺麗に取り出すのは容易ではない。その分、味は濃厚で保存性が良い。また、リスネズミの食料としても重要である。
一般に野生のクルミ全般をオニグルミと呼ぶこともある。日本においてクルミ属で自生するものには、他にヒメグルミがある。

殻の利用[編集]

殻が非常に堅いこと、破片が鋭利である点が、東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)に評価されて、スタッドレスタイヤ(「ガリット」シリーズ)の素材として用いられるようになった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]