アンソニー・ギデンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンソニー・ギデンズ
Anthony Giddens at the Progressive Governance Converence, Budapest, Hungary, 2004 October.jpg
2004年、ブダペストにて
生誕 (1938-01-18) 1938年1月18日(79歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
居住 イングランド
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 社会学
研究機関 レスター大学
ケンブリッジ大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
出身校 ハル大学 (BA)
LSE (MA)
ケンブリッジ大学 (PhD)
主な業績 構造化理論
第三の道
プロジェクト:人物伝

アンソニー・ギデンズ(Anthony Giddens、1938年1月18日 - )は、イギリス社会学者ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス名誉教授。ブレア政権のブレーンとして「第三の道」「ラディカルな中道」を提唱したことでも知られる。

人物・来歴[編集]

1938年、ロンドンの下層中流階級の家に生まれる。1959年ハル大学を卒業後、LSEに進み、同校より修士号、1974年にはケンブリッジ大学より博士号を取得。ケンブリッジでは、長らくキングス・カレッジのフェローとして勤め、1987年に正教授に昇進した。また、1985年には学術出版社Polityを共同で創設。1997年から2003年までは、LSEの学長を務めた。

また、2004年にはイングランドの男爵位を受け、労働党貴族院議員となる。英国ニュー・レイバーの中道左派の政策ブレーンとしても活躍し、ブレア政権の「第三の道」路線を支えた。

来日[編集]

2002年4月、法政大学社会学部50周年の招聘で来日、4月19日(金)、法政大学で「第3の道」に関する講演を行い(1)、全国から300名を超える研究者が参集し活発な討議が行われた。また同日、慶應義塾大学を表敬訪問し、教職員、塾生を対象にした「Global Third WayDebate(第三の道-グローバル論争)」と題する講演も行っている。なおLSEは慶應大学の学術交流協定校である。

研究歴[編集]

古典研究[編集]

ギデンズの当初の研究は、当時のパーソンズらによる機能主義社会学に対する批判的な立場から、マルクスデュルケームウェーバーなどの古典の読み直しを通して、「二重の解釈学」に基づく社会学の新たな理論、方法論を提示した。ギデンズによれば、自然科学者とは異なり、社会学者がその対象とする世界は、その世界に存在するアクターによって既に解釈された社会的世界であり、社会学者が行なっているのは、そうした解釈世界の再解釈なのである。

この間の代表的な著作として、『資本主義と近代社会理論』(1971年)、『社会学の新しい方法規準』(1976年)などを挙げることができる。

構造化理論[編集]

1984年の『社会の構成』(日本語訳未公刊)のなかでギデンズは、社会学の主要問題のひとつである構造‐主体(エージェンシー)問題の解決に向けて、「構造の二重性」に基づく独自の「構造化理論」を提唱し、構造とエージェンシーのどちらかを存在論的に優位に立たせることなく、また、(ピーター・バーガーなどにみられるように)構造→エージェンシー→構造→……といった直線的な因果論図式を想定することなく、構造とエージェンシーを相関的に捉える道を示し、当時の社会学理論に対してきわめて強い影響を及ぼした。構造化理論のアイディアは、スウェーデン地理学者トルステン・ヘーゲルストランドの提唱した「時間地理学」の影響を受けている[1]

再帰的近代化、第三の道[編集]

1990年代以降は、「再帰的近代化」のコンセプトを軸に、「脱埋め込み」、「存在論的不安」、「専門家システム」、「純粋な関係」などの概念によって、リスクグローバリゼーションなど後期近代社会の分析を中心に行っている。この間の著作としては、『近代とはいかなる時代か』(1990年)、ウルリッヒ・ベックスコット・ラッシュとの共著『再帰的近代化』(1994年)などが広く注目された。

著書[編集]

単著[編集]

  • Capitalism and Modern Social Theory: An Analysis of the Writings of Marx, Durkheim and Max Weber, (Cambridge University Press, 1971).
犬塚先訳『資本主義と近代社会理論――マルクス, デュルケム, ウェーバーの研究』(研究社出版, 1974年)
  • Politics and Sociology in the Thought of Max Weber, (Macmillan, 1972).
岩野弘一岩野春一訳『ウェーバーの思想における政治と社会学』(未來社, 1988年)
  • The Class Structure of the Advanced Societies, (Hutchinson, 1974).
市川統洋訳『先進社会の階級構造』(みすず書房, 1977年)
  • New Rules of Sociological Method: A Positive Critique of Interpretative Sociologies, (Hutchinson, 1976, 2nd ed., 1993).
松尾精文藤井達也小幡正敏訳『社会学の新しい方法規準――理解社会学の共感的批判』(而立書房, 1987年/第2版, 2000年)
  • Studies in Social and Political Theory, (Hutchinson, 1977).
宮島喬江原由美子森反章夫儘田徹本間直子田中秀隆百々雅子訳『社会理論の現代像――デュルケム, ウェーバー, 解釈学, エスノメソドロジー』(みすず書房, 1986年)
  • Durkheim, (Harvester, 1978).
  • Central Problems in Social Theory: Action, Structure, and Contradiction in Social Analysis, (University of California Press, 1979).
友枝敏雄今田高俊森重雄訳『社会理論の最前線』(ハーベスト社, 1989年)
  • A Contemporary Critique of Historical Materialism, vol. 1: Power, Property and the State, (Macmillan, 1981).
  • Sociology: A Brief but Critical Introduction, (Macmillan, 1982, 2nd ed., 1993, 3rd ed., 1997, 4th ed., 2001, 5th ed., 2006, 6th ed., 2009).
松尾精文・成富正信訳『社会学』(而立書房, 1992年/改訂新版, 1993年/改訂第3版, 1998年/改訂第4版, 2004年/第5版, 2009年)
  • Profiles and Critiques in Social Teory, (Macmillan, 1982)
  • The Constitution of Society: Outline of the Theory of Structuration, (Polity Press, 1984).
『社会の構成』、門田健一訳、勁草書房、2015年
  • A Contemporary Critique of Historical Materialism, vol. 2: The Nation-state and Violence, (Polity Press, 1985).
松尾精文・小幡正敏訳『国民国家と暴力』(而立書房, 1999年)
  • Social Theory and Modern Sociology, (Polity Press, 1987).
藤田弘夫監訳『社会理論と現代社会学』(青木書店, 1998年)
  • The Consequences of Modernity, (Stanford University Press, 1990).
松尾精文・小幡正敏訳『近代とはいかなる時代か?――モダニティの帰結』(而立書房, 1993年)
  • Modernity and Self-identity: Self and Society in the Late Modern Age, (Polity Press, 1991).
秋吉美都安藤太郎筒井淳也訳『モダニティと自己アイデンティティ――後期近代における自己と社会』(ハーベスト社, 2005年)
  • Introduction to Sociology, (Norton, 1991).
  • The Transformation of Intimacy: Sexuality, Love and Eroticism in Modern Societies, (Stanford University Press, 1992).
松尾精文・松川昭子訳『親密性の変容――近代社会におけるセクシュアリティ、愛情、エロティシズム』(而立書房, 1995年)
  • Beyond Left and Right: the Future of Radical Politics, (Polity Press, 1994).
松尾精文・立松隆介訳『左派右派を超えて――ラディカルな政治の未来像』(而立書房, 2002年)
  • Politics, Sociology and Social Theory: Encounters with Classical and Contemporary Social Thought, (Polity Press, 1995).
  • In Defence of Sociology: Essays, Interpretations and Rejoinders, (Polity Press, 1996).
  • The Third Way: the Renewal of Social Democracy, (Polity Press, 1998).
佐和隆光訳『第三の道――効率と公正の新たな同盟』(日本経済新聞社, 1999年)
  • Runaway World: How Globalisation is Reshaping Our Lives, (Profile Books, 1999).
佐和隆光訳『暴走する世界――グローバリゼーションは何をどう変えるのか』(ダイヤモンド社, 2001年)
  • The Third Way and its Critics, (Polity Press, 2000).
今枝法之干川剛史訳『第三の道とその批判』(晃洋書房, 2003年)
  • Where now for New Labour?, (Polity Press, 2002).
  • Europe in the Global Age, (Polity Press, 2007).
  • Over to You, Mr Brown: How Labour Can Win Again (Polity Press, 2007).

共著[編集]

  • Reflexive Modernization: Politics, Tradition and Aesthetics in the Modern Social Order, with Ulrich Beck and Scott Lash, (Polity Press, 1994).
松尾精文・小幡正敏・叶堂隆三訳『再帰的近代化――近現代における政治、伝統、美的原理』(而立書房, 1997年)
  • Conversations with Anthony Giddens: Making Sense of Modernity, with Christopher Pierson, (Stanford University Press, 1998).
松尾精文訳『ギデンズとの対話――いまの時代を読み解く』(而立書房, 2001年)
  • Essentials of Sociology, with Mitchell Duneier and Richard P. Appelbaum, (Norton, 2006).
  • 渡辺聰子今田高俊)『グローバル時代の人的資源論――モティベーション・エンパワーメント・仕事の未来』(東京大学出版会, 2008年)

編著[編集]

  • The Sociology of Suicide: A Selection of Readings, (Frank Cass, 1971).
  • Emile Durkheim: Selected Writings, (Cambridge University Press, 1972).
  • Positivism and Sociology, (Heinemann, 1975).
  • Durkheim on Politics and the State, (Polity Press, 1986).
  • Human Societies: An Introductory Reader in Sociology, (Polity Press, 1992).
  • Sociology: Introductory Readings (Polity Press, 1997).
  • The Global Third Way Debate, (Polity Press, 2001).
  • The Progressive Manifesto: New Ideas for the Centre-Left, (Polity, 2003).

共編著[編集]

  • Elites and Power in British Society, co-edited with Philip Stanworth, (Cambridge University Press, 1974).
  • Classes, Power, and Conflict: Classical and Contemporary Debates, co-edited with David Held, (University of California Press, 1982).
  • Social Class and the Division of Labour: Esays in Hnour of Ilya Neustadt, co-edited with Gavin Mackenzie, (Cambridge University Press, 1982).
  • Social Theory Today, co-edited with Jonathan H. Turner, (Stanford University Press, 1987).
  • Global Capitalism, co-edited with Will Hutton, (New Press, 2000).
  • On the Edge: Living with Global Capitalism, co-edited with Will Hutton, (Jonathan Cape, 2000).
  • The New Egalitarianism, co-edited with Patrick Diamond, (Polity, 2005).
  • Global Europe, Social Europe, co-edited with Patrick Diamond and Roger Liddle, (Polity, 2006).

脚注[編集]

  1. ^ 加藤(2009):135ページ

参考文献[編集]

  • 加藤政洋(2009)"ストリートの現働化 規律-管理社会をめぐる時間地理学からの展望"国立民族学博物館調査報告(国立民族学博物館80:133-145.

外部リンク[編集]