加藤政洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 政洋(かとう まさひろ、1972年 - )は、日本の地理学者。専門は人文地理学都市研究立命館大学文学部准教授

人物[編集]

長野県生まれ。1995年富山大学人文学部卒業。2000年大阪市立大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士

流通科学大学商学部専任講師・助教授を経て、2006年度から立命館大学に赴任(現職)。

批判地理学ソジャポストモダン地理学など人文地理学の新しい側面を日本に紹介しながら、都市を研究している。また、B'zを通した都市のイメージなど、一般誌にも都市論に関して寄稿している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『大阪のスラムと盛り場』(創元社、2002年)
  • 『花街――異空間の都市史』(朝日選書 2005年:第六回人文地理学会学会賞受賞)
  • 『京の花街ものがたり』(角川選書、2009年)
  • 『神戸の花街・盛り場考 モダン都市のにぎわい』のじぎく文庫編 神戸新聞総合出版センター、2009
  • 『敗戦と赤線 国策売春の時代』光文社新書、2009 
  • 『那覇 戦後の都市復興と歓楽街』フォレスト、2011
  • 『モダン京都 <遊楽>の空間文化誌』ナカニシヤ出版、2017

共編著[編集]

訳書[編集]

  • エドワード・W・ソジャ『ポストモダン地理学――批判的社会理論における空間の位相』(青土社、2003年)
  • エドワード・W・ソジャ『第三空間――ポストモダンの空間論的転回』(青土社、2003年)

外部リンク[編集]