アンジェロ・ポッフォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンジェロ・ポッフォ
プロフィール
リングネーム アンジェロ・ポッフォ
アンディ・ポッフォ
トニー・アンジェロ
ザ・?(ザ・クエッション)
ザ・マイザー
ザ・マスクド・マイザー
カーペットバガー
本名 アンジェロ・ジョン・ポッフォ
ニックネーム 腹筋男[1]
身長 180cm - 183cm[1]
体重 102kg - 110kg[1]
誕生日 1925年4月10日[2]
死亡日 (2010-03-04) 2010年3月4日(満84歳没)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州の旗 イリノイ州
デュページ郡ダウナーズ・グローブ[2]
スポーツ歴 野球[2]
デビュー 1949年[2]
引退 1985年
テンプレートを表示

アンジェロ・ポッフォAngelo John Poffo1925年4月10日 - 2010年3月4日)は、アメリカ合衆国プロレスラーイリノイ州ダウナーズ・グローブ出身のイタリア系アメリカ人[2]

WWF世界ヘビー級王者"マッチョマン" ランディ・サベージおよび "ザ・ジニアス" ラニー・ポッフォの父親であり、プロモーターやマネージャーとしても活動した[2]

来歴[編集]

シカゴのデポール大学時代は野球キャッチャーとして活躍し、アメリカ海軍に入隊後は、腹筋運動を4時間強の間に連続6033回行ったという世界記録を残した[2]1949年のデビュー後、地元のイリノイ州を中心とした中西部を主戦場に活動[2]。世界記録である "6033" の数字をコスチュームに施すなど[3]、後に息子たちも継承することになるエゴイスト系のヒールとなって活躍する。

1956年8月9日、ウィスコンシン州ミルウォーキーにてミッドウエスト・ヘビー級王座を獲得[4]1958年12月27日にはウイルバー・スナイダーからシカゴ版のNWA USヘビー級王座を奪取した[5]1961年ダラスヒューストンを拠点とするテキサスの東部地区に参戦[6]、5月12日にブロンコ・ルービッチと組んでドリー・ディクソン&ペッパー・ゴメスからNWAテキサス・タッグ王座を奪取している[7]

その後、1964年よりインディアナ州インディアナポリスWWAに登場。初代ニコライ・ボルコフ[8]と組み、7月31日にディック・ザ・ブルーザー&ウイルバー・スナイダーを破ってWWA世界タッグ王座を獲得[9]1966年からはクリス・マルコフとのタッグチームデビルズ・デュオThe Devil's Duo)を結成[2]"プリティ・ボーイ" ボビー・ヒーナンマネージャーに従え、翌1967年にかけてディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーを相手にWWA世界タッグ王座を巡る抗争を展開した[9]

1968年4月、日本プロレスに初来日。キラー・コワルスキージェス・オルテガフレッド・ブラッシーターザン・タイラードン・デヌーチパット・パターソンらと共に、第10回ワールドリーグ戦に「アルゼンチン代表」として出場したが、ジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎吉村道明山本小鉄星野勘太郎ミツ・ヒライなど日本陣営への白星配給係となり、全敗の戦績で終わった[10]

1971年2月には、ザ・クエッションThe ?)なる覆面レスラーに変身し、AWAの提携ルートでマッドドッグ・バション&ブッチャー・バションビル・ミラーと共に国際プロレスに来日。3月2日に東京都体育館にて、前年12月のオックス・ベーカー戦で左足を骨折し欠場していたラッシャー木村の復帰戦の相手を務め、木村と金網デスマッチを行ったが敗退、試合後に覆面を剥がされ正体を晒している[11]

以降も中西部を主戦場に、ザ・シークが主宰していたデトロイトのNWAビッグタイム・レスリングでも活動。1975年1月には息子のラニー・ポッフォをパートナーに、ボボ・ブラジル&フレッド・カリーからデトロイト版のNWA世界タッグ王座を奪取している[12]。以後、1970年代後半はベテランのジョバーとして、エディ・グラハム主宰のCWFジム・クロケット・ジュニア主宰のMACW、ニック・グラス主宰のNWAミッドアメリカなど、南部の各テリトリーを転戦した[13]

1978年ケンタッキー州レキシントンにて、独立団体のインターナショナル・チャンピオンシップ・レスリングICW)を旗揚げ[14]。息子のランディ・サベージとラニー・ポッフォをはじめ、NWAを離脱したボブ・ループボブ・オートン・ジュニアロニー・ガービンらが主力となり[3]ペッツ・ワトレートージョー・ヤマモトジプシー・ジョーなどもミッドアメリカ地区から参戦[15]。若手選手ではクラッシャー・ブルームフィールドテリー・ギッブスリップ・ロジャースなどが出場し、バディ・ランデルもICWにてデビューしている[15]。中西部地区での旧友ザ・シークやサンダーボルト・パターソンも招聘し[16]、自身もマスクド・マイザーThe Masked Miser)なる覆面レスラーとして試合に出場、1981年11月19日にはTV王座を獲得した[17]。以降もNWA非加盟の小規模なプロモーションながら、インディー団体の先駆けとして1984年までICWの運営を続けた[14][15]

ICWの活動停止後は、ジェリー・ジャレットが主宰していたテネシー州メンフィスCWAに息子たちと共に移籍[3]。ランディ&ラニーのマネージャーとなって、ジェリー・ローラーオースチン・アイドルロックンロール・エクスプレスとの抗争を指揮し、時折試合にも出場していたが、1985年にプロレス界を離れた[13]

その後は1991年、レジェンドマッチとしてルイス・マルティネスと対戦[2]1995年には、当時ランディ・サベージが参戦していたWCWに姿を見せ、WCW殿堂に迎えられている[2]

2010年3月4日フロリダ州サラソータにて死去[2]。84歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAシカゴ
  • ミッドウエスト・ヘビー級王座:2回[4]
  • NWA USヘビー級王座(シカゴ版):1回[5]
サウスエスト・スポーツ・インク
  • NWAテキサス・タッグ王座:1回(w / ブロンコ・ルービッチ)[7]
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
オール・サウス・レスリング・アライアンス
  • ASWAサウスカロライナ・ヘビー級王座:1回[3]
  • ASWA USタッグ王座:1回(w / ロック・ハンター)[18]
NWAビッグタイム・レスリング
アトランティック・グランプリ・レスリング
インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング
  • ICW TV王座:1回[17] ※マスクド・マイザー名義

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P301(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Angelo Poffo was wrestler, promoter, father to two stars”. SLAM! Sports (March 4, 2010). 2015年4月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e Wrestler Profiles: Angelo Poffo”. Online World of Wrestling. 2015年4月30日閲覧。
  4. ^ a b Midwest Heavyweight Title [Illinois & Wisconsin]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  5. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Chicago]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  6. ^ The GAC matches fought by Angelo Poffo in 1961”. Wrestlingdata.com. 2015年4月30日閲覧。
  7. ^ a b NWA Texas Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  8. ^ Nicoli Volkoff”. Wrestlingdata.com. 2015年4月30日閲覧。
  9. ^ a b c WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  10. ^ JWA 1968 The 10th Annual World Big League”. Puroresu.com. 2015年4月30日閲覧。
  11. ^ 来日全外国人レスラー名鑑 アンジェロ・ポッフォ”. ミック博士の昭和プロレス研究室. 2015年4月30日閲覧。
  12. ^ a b NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  13. ^ a b Angelo Poffo”. Wrestlingdata.com. 2015年2月26日閲覧。
  14. ^ a b International Championship Wrestling”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  15. ^ a b c Regional Territories: ICW”. Kayfabe Memories.com. 2015年4月30日閲覧。
  16. ^ ICW United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  17. ^ a b ICW Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  18. ^ Champions and Championships: ASWA United States Tag Team Title”. Wrestlingdata.com. 2015年4月30日閲覧。
  19. ^ AGPW North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]