アナソ・ジョボドワナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナソ・ジョボドワナ Portal:陸上競技
Anaso Jobodwana (Moscow 2013) by Dmitry Rozhkov 75.jpg
選手情報
ラテン文字 Anaso Jobodwana
国籍  南アフリカ共和国
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1992-07-30) 1992年7月30日(25歳)
出身地 南アフリカ共和国の旗 東ケープ州アバディーン英語版
身長 187cm
体重 71kg
成績
オリンピック 200m 8位 (2012年)
世界選手権 100m 準決勝1組4着 (2013年)
200m 3位 (2015年)
4x100mR 予選途中棄権 (2015年)
最高世界ランク 200m 4位 19秒87 (2015年)
自己ベスト
60m 6秒60 (2015年)
100m 10秒10 (2013年)
200m 19秒87 (2015年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アナソ・ジョボドワナAnaso Jobodwana1992年7月30日 ‐ )は、南アフリカアバディーン英語版出身の陸上競技選手。専門は短距離走で、200mの自己ベストは19秒87の元南アフリカ記録保持者。2015年北京世界選手権男子200mの銅メダリスト、2012年ロンドンオリンピック男子200mのファイナリスト(8位)である。

経歴[編集]

2012年[編集]

8月、20歳でロンドンオリンピックに出場すると、男子200m準決勝を20秒27(-0.6)の自己ベスト(当時)で突破し、この種目では戦後のオリンピック初の南アフリカ人ファイナリストとなった。しかし、決勝では20秒69(+0.4)とタイムを落として8位に終わった。

2013年[編集]

7月、カザンユニバーシアードに出場すると、男子100mを自己ベストタイの10秒10(+0.5)、男子200mを20秒00(+2.4)でそれぞれ制し、1975年大会ローマ大会ピエトロ・メンネア以来38年ぶり、史上3人目となるショートスプリント2冠を達成した[1]

8月、モスクワ世界選手権に出場すると、男子100mは準決勝1組4着で敗退したが、2003年大会シャーウィン・ブリーズ(準決勝2組8着)を上回る南アフリカ人最高成績を記録した。男子200mでは準決勝を20秒13(0.0)の自己ベストで突破し、南アフリカ人初のファイナリストになると、決勝では準決勝のタイムに迫る20秒14(0.0)をマークして6位に入った。

2015年[編集]

3月28日、テキサス・リレー (enの男子200m招待において、追い風参考記録ながら自身初の19秒台となる19秒87(+4.5)をマークした。

5月、16日にケイマン招待の男子200mで20秒06(0.0)の南アフリカ新記録(当時)を樹立し、2002年にモーネ・ナゲルがマークした20秒11を13年ぶりに更新した[2]。更に30日のダイヤモンドリーグ・プレフォンテインクラシック (en男子200mでは自身の持つ南アフリカ記録を0秒02更新する20秒04(+0.9)をマークした[3]

8月、北京世界選手権に出場。男子200mの準決勝を20秒01(+0.8)の自己ベストで突破すると、決勝では19秒87(-0.1)の南アフリカ新記録(当時)を樹立。アロンソ・エドワードとの3位争いを0秒002差で制し、ウサイン・ボルト(19秒55)、ジャスティン・ガトリン(19秒74)に次いで銅メダルを獲得した[4]

9月、今シーズンのダイヤモンドリーグ男子200mのツアーチャンピオンの座を賭け、ポイント対象最終レースとなるヴェルトクラッセチューリッヒに出場。今シーズンは優勝こそできなかったが、2位と3位に入ってポイントを重ね、ポイントトップ(9ポイント)で最終レースを迎えた。このレースで優勝すれば自力でツアーチャンピオンになれたが、結果はアロンソ・エドワード(20秒03)、ラシード・ドワイヤー(20秒20)に次ぐ20秒24(+0.4)の3位に終わり、ツアーチャンピオンの座を逃した。

2016年[編集]

8月16日、リオデジャネイロオリンピック男子200m予選に出場。骨盤の怪我のため昨年9月のアフリカ競技大会以来、約11か月ぶりのレースとなったが、結果は20秒53(-0.2)の組4着で予選敗退に終わった[5]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒10 (+0.5)
10秒10 (+1.6)
2013年7月8日
2013年5月24日
ロシアの旗 カザン
アメリカ合衆国の旗 グリーンズボロ
200m 19秒87 (-0.1) 2015年8月27日 中華人民共和国の旗 北京 元南アフリカ記録
アフリカ歴代5位
室内
60m 6秒60 2015年2月14日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ
200m 20秒47 2013年3月8日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2012 アフリカ選手権 (en ベナンの旗 ポルトノボ 200m 準決勝棄権 DNS 予選21秒19 (-0.3)
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 8位 20秒69 (+0.4) 準決勝20秒27 (-0.6):自己ベスト
2013 ユニバーシアード (en ロシアの旗 カザン 100m 優勝 10秒10 (+0.5) 自己ベストタイ
200m 優勝 20秒00 (+2.4)
4x100mR 7位 45秒82 (4走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 準決勝1組4着 10秒17 (-0.2)
200m 6位 20秒14 (0.0) 準決勝20秒13 (0.0):自己ベスト
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選失格 DQ 不正スタート
200m 3位 19秒87 南アフリカ記録
4x100mR 予選途中棄権 DNF (2走)
アフリカ競技大会 (en コンゴ共和国の旗 ブラザヴィル 100m 準決勝棄権 DNS 予選10秒35 (+0.4)
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選2組4着 20秒53 (-0.2)

ダイヤモンドリーグ[編集]

ダイヤモンドリーグの総合成績を記載。獲得ポイント欄の( )内は出場したポイント対象レースの数を意味する。

種目 総合順位 獲得ポイント
2015 200m 2位 11 (6レース)

脚注[編集]

  1. ^ Sprint ace Jobodwana eager to improve”. IOL Sport (2013年7月11日). 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ Jobadwana smashes 200m record”. sport24 (2015年5月17日). 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ Jobodwana improves SA record”. sport24 (2015年5月31日). 2015年6月7日閲覧。
  4. ^ Report: men’s 200m final – IAAF World Championships, Beijing 2015”. 国際陸上競技連盟 (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。
  5. ^ No luck for Jobodwana in comeback race”. The Citizen(citizen.co.za) (2016年8月16日). 2016年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]

記録
先代:
モーネ・ナゲル
(20秒11)
2002年4月5日
男子200m
南アフリカ記録保持者
(20秒06 - 20秒04)

2015年5月16日 - 2015年7月14日
次代:
ウェイド・バンニーキルク
(19秒94)
2015年7月14日
先代:
ウェイド・バンニーキルク
(19秒94)
2015年7月14日
男子200m
南アフリカ記録保持者
(19秒87)

2015年8月27日 - 2017年6月10日
次代:
ウェイド・バンニーキルク
(19秒84)
2017年6月10日
功績
1人目:
ウェイド・バンニーキルク
(19秒94)
2015年7月14日
男子200m
20秒の壁を破った南アフリカ人
(19秒87)

2015年8月27日
3人目:
アカニ・シンビネ
(19秒95)
2017年3月4日