アジアリーグアイスホッケー2003-2004

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジアリーグアイスホッケー 2003-2004
リーグ アジアリーグアイスホッケー
スポーツ アイスホッケー
期間 2003年11月15日 - 2004年1月18日
試合数 40
チーム数 5 (日本4・韓国1)
シーズン優勝 日本製紙クレインズ
シーズンMVP 桑原ライアン春男 (日本製紙クレインズ)
得点王 桑原ライアン春男 (日本製紙クレインズ)
アジアリーグアイスホッケーシーズン

2004-2005 →

アジアリーグアイスホッケー2003-2004シーズンは、2003年11月15日から2004年1月18日にかけて開催された。優勝は日本製紙クレインズ

概要[編集]

アジアリーグアイスホッケー創設初シーズンである。 この年度のみ日本は日本アイスホッケーリーグとの並行開催(実際は日本リーグ前期と後期の間に開催された)という形を取った。

まだ日本リーグが開催されていたことから、日本の各チームからは日本リーグより格下の位置付けがなされており、主力選手が温存され、日本リーグの出場機会に恵まれない中堅選手の出場が多かった。

参加チーム[編集]

チーム 本拠地
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子製紙 北海道苫小牧市
コクド 東京都西東京市
日光アイスバックス 栃木県日光市
ハルラウィニア ソウル特別市

試合方式[編集]

  • 原則としてホーム・アンド・アウェー2回ずつの4回戦総当り方式でリーグ戦を実施。
  • 順位の決め方
    • 規定の60分で勝った場合に勝ち点2点、同点の場合は第3ピリオド終了後すぐにVゴール(サドンビクトリー)延長方式を5分間行い、そこで勝ったチームには2点。Vゴール負けのチーム、並びに引分けの場合は双方にそれぞれ1点を与える。その際、フィールドプレーヤーは4人:4人になる。
    • 順位は勝ち点の多い順番に決定。なお同勝ち点の場合は勝ち星の多いチーム→当該チーム間の対戦勝ち点→同対戦勝敗成績→同得失点差→同総得点→全試合に於ける得失点差→同総得点→抽選で順位を決定。

結果[編集]

Club GP W OTW T OTL L Goals Pts
1. 日本の旗 日本製紙クレインズ 16 13 0 0 0 3 80:49 39
2. 日本の旗 コクド 16 12 0 0 1 3 78:36 37
3. 韓国の旗 ハルラウィニア 16 5 1 0 0 10 45:86 17
4. 日本の旗 王子製紙 16 5 0 2 0 9 55:58 17
5. 日本の旗 日光アイスバックス 16 2 0 2 0 12 38:67 8
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、T:引き分け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

表彰[編集]

チームベストプレイヤー[編集]

チーム 受賞者
日本製紙クレインズ 竹内元章
コクド 宮内史隆
ハルラウィニア ソン・ドンファン
王子製紙 グレック・パークス
日光アイスバックス 橋本三千雄

優秀選手[編集]

部門 受賞者 チーム
最優秀選手 桑原ライアン春男 日本製紙クレインズ
ベストゴールキーパー 二瓶次郎 日本製紙クレインズ
ベストディフェンス 宮内史隆 コクド
ベストフォワード ジョエル・パーピック コクド

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 桑原ライアン春男 日本製紙クレインズ 15得点
最多アシスト ジョエル・パーピック コクド 24アシスト
最多ポイント ジョエル・パーピック コクド 32ポイント

出典[編集]