日本製紙クレインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本製紙クレインズ
原語表記 日本製紙クレインズ
愛称 クレインズ
創設年 1949年
所属リーグ アジアリーグ
本拠地 北海道釧路市
ホームリンク 釧路アイスアリーナ
監督 佐々木博明
公式サイト 公式サイト
Template(ノート 解説)
クレインズのラッピングが施されたバス

日本製紙クレインズ(にっぽんせいしクレインズ)は、北海道釧路市に本拠地を持ち、アジアリーグに所属するアイスホッケーチームである。

愛称の「クレインズ」(鶴)は、釧路平野を飛ぶ丹頂鶴に由来する。

釧路アイスアリーナ(丹頂アリーナ)をホームスタジアムとしている。

獲得タイトル[編集]

歴史[編集]

  • 1949年 - 「十條製紙釧路アイスホッケー部」として創部。
  • 1974年 - 日本アイスホッケーリーグに加盟。初参戦となった第9回日本アイスホッケーリーグは6チーム中5位となる。
  • 1975年 - 十條アイススケートセンター開業。ホームアリーナとなった。
  • 1983年 - 釧路市春採アイスアリーナとの併用となった。
  • 1989年 - 参戦16年目となった第24回日本アイスホッケーリーグで初めてAクラス(3位)に入る。
  • 1990年 - 全日本アイスホッケー選手権大会で初の決勝進出を果たすも、決勝で国土計画(のちのコクド)に敗れ準優勝となる。
  • 1993年 - 十條製紙と山陽国策パルプとの合併で、社名が日本製紙に変更になった事に伴い「日本製紙クレインズ」にチーム名を変更。
  • 1997年 - 釧路アリーナがホームアリーナとして釧路開催では単独開催となる。
  • 1999年 - 第33回日本アイスホッケーリーグのレギュラーリーグで4位となり、初のプレーオフ進出を果たすも、セミファイナルで同1位のコクドに敗れ4位に終わる。
  • 2002年 - 第36回日本アイスホッケーリーグのレギュラーリーグで初の1位を獲得するも、プレーオフセミファイナルで同4位のコクドに敗れ3位に終わる。
  • 2004年
    • アジアリーグアイスホッケー誕生。初代チャンピオンとなる。
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、コクドに敗れ準優勝。
  • 2005年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、王子製紙に敗れ準優勝。
    • アジアリーグアイスホッケー、リーグ1位通過もプレーオフでコクドに敗れ準優勝。
  • 2006年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、王子製紙を破り初優勝。
    • アジアリーグアイスホッケー、再びリーグ1位通過もプレーオフでコクドに敗れ準優勝。
  • 2007年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、SEIBUを破り連覇。
    • アジアリーグアイスホッケー、3度目のリーグ1位通過し、プレーオフで初めてSEIBUを破り優勝。
  • 2008年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、SEIBUに敗れ準優勝。
    • アジアリーグアイスホッケー、リーグ4位通過もプレーオフファイナル進出。しかし王子製紙に敗れ準優勝。
  • 2009年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、SEIBUに敗れ準優勝。
    • アジアリーグアイスホッケー、リーグ4位通過ながらプレーオフファイナル進出。SEIBUを4勝3敗で下し、3度目のアジア制覇
  • 2010年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、王子イーグルスを破り3年ぶり3度目の優勝を飾った。
    • アジアリーグアイスホッケー、リーグ3位通過ながらプレーオフファイナル進出。しかしアニャンハルラに2勝3敗で敗れ準優勝。
  • 2011年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、東北フリーブレイズを破り2年連続4度目の優勝を飾った。
    • アジアリーグアイスホッケー、レギュラーリーグ2位通過。プレーオフセミファイナルで東北フリーブレイズと対戦するも、2勝3敗で敗れファイナル進出ならず。アジアリーグ参戦以来チームワーストの4位となった。
  • 2012年
    • 全日本アイスホッケー選手権大会、王子イーグルスを破り3年連続5度目の優勝を飾った。
    • アジアリーグアイスホッケー、レギュラーリーグ4位通過。プレーオフセミファイナルで王子イーグルスと対戦するも敗退。ファイナル進出ならず。
  • 2013年

選手(2012-2013シーズン)[編集]

ゴールキーパー
# 選手名 ハンド 登録年 出身地
31 日本の旗 大嶋良介 R 2006年 東京都
42 日本の旗 清川和彦 R 2008年 北海道苫小牧市
61 日本の旗 石川央 R 2004年 神奈川県横浜市
ディフェンス
# 選手名 ハンド 登録年 出身地
2 日本の旗 外崎潤 L 2006年 北海道札幌市
3 日本の旗 伊藤賢吾 R 1997年 北海道釧路市
4 日本の旗 坂田駿 L 2010年 北海道釧路市
5 日本の旗 蛯名正博 L 2010年 青森県八戸市
15 日本の旗 佐藤育也 R 2011年 北海道釧路市
23 日本の旗 大澤秀之 R 2001年 北海道苫小牧市
33 日本の旗 鬼頭俊行 L 2006年 北海道中川郡幕別町
77 日本の旗 梁取慎也 L 2009年 北海道釧路市
フォワード
# 選手名 ポジション ハンド 登録年 出身地
1 日本の旗 今村雄太朗 C/W L 2007年 北海道苫小牧市
9 日本の旗 高木健太 W R 2012年 北海道苫小牧市
10 カナダの旗イスラエルの旗 オーレン・アイズマン C/W L 2012年 カナダ
11 日本の旗 西脇雅仁A W R 2004年 北海道釧路市
14 日本の旗 江端勇人 C/W L 2010年 北海道釧路市
16 日本の旗 小原大輔C C/W L 2009年 北海道釧路市
17 日本の旗 飯村喜則 C/W R 2006年 北海道帯広市
18 日本の旗 重野駿佑 C/W L 2012年 北海道釧路市
19 日本の旗 佐藤博史 C/W R 2002年 北海道釧路市
22 アメリカ合衆国の旗 マイク・ラジャ W L 2012年 アメリカ
35 韓国の旗 辛炯潤 2012年 韓国
47 日本の旗 久保直也 W R 2008年 北海道苫小牧市
50 日本の旗 小窪秀尚 W L 2009年 北海道釧路市
75 日本の旗 ユール・クリス W L 2008年 カナダ アルバータ州エドモントン
79 日本の旗 坂上太希 W R 2010年 北海道釧路市

外部リンク[編集]