High1アイスホッケーチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
High1アイスホッケーチーム
原語表記 カンウォンランド
創設年 2004年
所属リーグ アジアリーグ
公式サイト [ 公式サイト]
Template(ノート 解説)
チームマスコット

High1アイスホッケーチームは、韓国江原道春川市を本拠地とするアイスホッケーチームである。ホームリンクは、衣岩(ウィアム)アイスリンク。旧称はカンウォンランド(江原-、강원랜드)。

江原道において、カジノやリゾート産業の経営をするカンウォンランドが、チームを運営している。またカンウォンランドはスキーチームも所有している。

2007/08シーズンより会社名はそのままにチーム名をHigh1(ハイワン)アイスホッケーチームに変更する事になった。チーム名のHigh1はカンウォンランドが所有する総合リゾート施設などの統一ブランド名。

歴史[ソースを編集]

  • 2004年9月 - チーム創設(韓国5番目の実業団アイスホッケー部)初年度は韓国リーグへ参加し3位。
  • 2005年 - アジアリーグアイスホッケーに参加。
  • 2007年 - High1アイスホッケーチームに改称。
  • 2008年 - レギュラーリーグ2位と健闘するも王子製紙(現王子イーグルス)に敗れ4位に終わる
  • 2009年 - レギュラーリーグ5位でプレーオフ進出するも日本製紙クレインズに敗れ5位に終わる
  • 2011-12年シーズン、マイケル・スウィフトがリーグトップの44得点、46アシスト、合計90ポイントをあげて[1]最優秀選手に選ばれた[2]。アジアリーグタイ記録となる23試合連続ポイントをあげ、ハットトリックも4回記録した[3]

戦績[ソースを編集]

アジアリーグ[ソースを編集]

順位()内はリーグ参加チーム数。

年度 レギュラーリーグ プレイオフ
試合 勝利 延長勝 GWS勝 引分 GWS負 延長負 敗戦 得点 失点 勝点 順位
2005–06 38 7 2 -- 2 -- 1 26 96 143 28 7位(9) ---
2006–07 34 18 3 -- 1 -- 1 11 153 110 62 4位(8) 準決勝敗退
2007–08 30 17 2 -- 1 -- 2 8 118 89 58 2位(7) 準決勝敗退
2008–09 36 13 0 1 -- 3 2 17 97 112 46 5位(7) 1回戦敗退
2009–10 36 17 2 0 -- 2 3 12 150 130 60 4位(7) 準決勝敗退
2010–11 36 15 1 1 -- 0 2 17 131 112 51 5位(7) ---
2011–12 36 16 3 0 -- 1 2 14 150 126 57 5位(7) ---
2012–13 42 13 2 0 -- 3 2 22 164 140 48 6位(7) ---
2013–14 42 18 1 1 -- 5 4 13 152 134 67 4位(8) 準決勝敗退
2014–15 48 22 1 1 -- 5 1 18 164 154 76 5位(9) 準決勝敗退
2015–16 48 12 2 0 -- 2 3 29 121 170 45 7位(9) ---


選手[ソースを編集]

ゴールキーパー
# 選手名 フリガナ キャッチ 登録年 出身地
1 韓国の旗 金有鎭 キム・ユジン L 2009 韓国
31 韓国の旗 厳炫承 オム・ヒョンスン L 2006 韓国
ディフェンス
# 選手名 フリガナ ハンド 登録年 出身地
2 カナダの旗 ジェレミー・バン・フーフ L 2009 カナダオンタリオ州
6 日本の旗 山田佑哉 ヤマダ・ユウヤ L 2009 日本
9 韓国の旗 黄文琦 ファン・ムンギ L 2009 韓国
10 韓国の旗 金倫煥 キム・ユンファン L 2008 韓国
15 韓国の旗 黄炳旭 (C) ファン・ビョンウク L 2005 韓国
17 韓国の旗 呉賢浩 オ・ヒョンホ L 2009 韓国
24 韓国の旗 金鉉洙 (A) キム・ヒョンス L 2006 韓国
96 韓国の旗 金東煥 キム・ドンファン L 2006 韓国
フォワード
# 選手名 フリガナ ポジション ハンド 登録年 出身地
7 韓国の旗 李儒 イ・ユ C L 2008 韓国
8 韓国の旗 柳現植 ユ・ヒョンシク RW R 2008 韓国
11 カナダの旗 トレバー・ギャラント C L 2009 カナダオンタリオ州
13 韓国の旗 劉文秀 ユ・ムンス LW L 2008 韓国
14 韓国の旗 徐信一 ソ・シニル LW L 2009 韓国
16 韓国の旗 權太顔 クォン・テアン C L 2008 韓国
18 日本の旗 上野拓紀 ウエノ・ヒロキ RW L 2009 日本
19 韓国の旗 崔程シク チェ・ジョンシク LW R 2006 韓国
21 カナダの旗 ティム・スミス C L 2009 カナダアルバータ州
33 韓国の旗 李承俊 イ・スンジュン RW L 2006 韓国
56 韓国の旗 李鎔ジュン イ・ヨンジュン C R 2006 韓国
73 韓国の旗 金恩駿 キム・ウォンジュン C R 2006 韓国
74 韓国の旗 安鉉玟 アン・ヒョンミン LW R 2009 韓国
79 アメリカ合衆国の旗 アレックス・キム (A) C R 2007 アメリカフラートン

日本人選手[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011-12 Point Ranking”. アジアリーグアイスホッケー (2012年2月27日). 2012年5月29日閲覧。
  2. ^ レギュラーリーグ表彰 受賞者決定!(アジアリーグアイスホッケー2011-2012)”. アジアリーグアイスホッケー (2012年2月28日). 2012年5月29日閲覧。
  3. ^ 加藤じろう (2012年2月29日). “「語りべ」通信AWARD2012 <前編>”. 2012年5月29日閲覧。
  4. ^ 加藤じろう (2008年10月6日). “おめでとう初完封!”. 2012年5月30日閲覧。
  5. ^ 佐藤画 (2010年6月2日). “井上光明選手!”. 2012年5月30日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]