桑原ライアン春男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桑原ライアン春男(くわばら ライアン はるお、1972年3月23日 - )は、カナダオンタリオ州ハミルトン[1]出身の元日本代表の現役アイスホッケー選手である。カナダ名は、Ryan Kuwabaraであった。現在は日本国籍を取得。185cm、91kg。父親が日本人で母親がカナダ人。

来歴[編集]

ウエストマウント高校卒業。

1990年NHLモントリオール・カナディアンズより第2位ドラフト指名[1][2]

1994年、来日しコクドに入団。

1997年12月、長野オリンピック直前に日本国籍を取得し日本代表に選出された。1998年長野五輪に出場。

コクド在籍中は優勝決定試合でハットトリックをあげたこともある[3]

2001-2002シーズンを以ってコクドを退団。2002-2003シーズンよりイギリスベルファスト・ジャイアンツに移籍。2003-2004シーズンよりクレインズに移籍した[4]

2003-2004シーズンの第1回アジアリーグアイスホッケーで15得点という活躍で最多得点選手となりMVPに選出。

2007年のプレーオフファイナルでも4試合で7ポイントをあげて優勝に貢献した[3]

2007-2008シーズンを以ってクレインズを退団。2008-2009シーズンよりHigh1に移籍。2008-2009シーズンを以ってHigh1を退団。

人物[編集]

彼も大きな体を活かした、フィジカルプレーで活躍した。コクド時代にはのプレーオフでは、レギュラーシーズンでの不調がまるで嘘のように大活躍することから、ミスターファイナルの異名を持っていた。

敏捷性に欠けており、来日当初は、カナダより大きいリンクで、彼より小さい日本人のパスを繋いで行くスタイルのホッケーに戸惑いを感じていたが[2]、徐々に本領を発揮し2003-2004シーズンに最多得点選手となりMVPを獲得した。

トレードマークは、ヘルメットからはみ出たドレッドヘアー。そのトレードマークと関連しているのか、好きな動物はライオンである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ryan Kuwabara hockey db.com 2009年7月8日閲覧
  2. ^ a b 21世紀の骨のあるヤツ 第58回”. ぴあ (2001年1月). 2012年5月28日閲覧。
  3. ^ a b 加藤じろう (2008年3月14日). “熱戦!プレーオフ・2008<8>ミスターファイナル”. 2012年5月28日閲覧。
  4. ^ 新シーズン始動、各チーム新戦力を補強中!!”. 日本アイスホッケー連盟 (2003年8月6日). 2012年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]