片山立規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

片山 立規(かたやま たつき、1973年1月26日 - )は、北海道釧路市出身の元アイスホッケー選手である。ポジションはDF。レフトハンド。コクド所属。

来歴[編集]

釧路江南高からカナダのフォートサスカチュアン・トレーダースを経てコクドに入社。

ジュニア世代から日本代表に選ばれ、8度の世界選手権長野オリンピックにも出場。コクドでもタイトル獲得に貢献。

引退後は日本大学のコーチを務める。

2005年、クラブチームの横浜ゴールデングリフィンズの旗揚げに参加。

2008年、SEIBUプリンス ラビッツのコーチに就任。

関連項目[編集]