山中武司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 武司
生誕 (1971-01-30) 1971年1月30日(46歳)
北海道苫小牧市
ポジション ディフェンダー
代表 日本
現役期間 年 – 現在

山中 武司(やまなか たけし、1971年1月30日 - )は、北海道苫小牧市出身のアイスホッケー選手、指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。右利き。

妻の宏美(旧姓:山本)は元スピードスケート選手で、リレハンメルオリンピック女子5000mの銅メダリスト[1]

来歴[編集]

兄たちの影響を受けて[2]アイスホッケーを始め、苫小牧南高校在学中の1987年アジア・オセアニアジュニア大会準優勝を経験[2]

卒業後、王子製紙に入社し、アイスホッケー部に所属。主将も務め全日本選手権5連覇などに貢献。

日本代表としても1996年1997年アイスホッケー世界選手権長野オリンピックなどに出場した[2]

2002年に現役を引退し、会社に残り苫小牧工場に勤務する[1]一方で苫小牧明倫中学校などで指導に当たった。

2007-2008シーズンは王子イーグルスのコーチに就任、チームも14シーズンぶりに優勝を果たした[3]

2010-2011年より王子イーグルスの監督に就任した[4]

2010-2011シーズンはレギュラーシーズン1位、2011-2012年シーズンもレギュラーシーズン1位、プレーオフでも6勝1敗の成績で4年ぶりの優勝を果たした[5]

2014年、王子監督を退任[6]

2016年7月よりアイスホッケー女子日本代表監督に就任した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 五輪選手のそれから”. 苫小牧民報. 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c 長野オリンピック出場日本選手”. 日本オリンピック委員会. 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ 2008 この一年 (5)”. 苫小牧民報. 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ 目指すはアジア王座 王子イーグルスが意気込み”. 苫小牧民報 (2010年5月18日). 2012年5月20日閲覧。
  5. ^ 王子イーグルススタッフがアイスホッケーアジアリーグ優勝を苫小牧市長に報告”. 苫小牧民報 (2012年3月28日). 2012年5月20日閲覧。
  6. ^ 新監督に桜井コーチ 王子イーグルスが新陣容発表”. 苫小牧民報 (2014年5月12日). 2016年7月9日閲覧。
  7. ^ 【アイスホッケー】女子代表新監督に山中氏就任発表”. スポーツ報知 (2016年7月8日). 2016年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月9日閲覧。

関連項目[編集]