岩崎伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩崎 伸一(いわさき しんいち、1968年8月21日 - )は、北海道栗山町出身のアイスホッケー選手[1]・監督。ポジションはゴールテンダー。178cm、85kg。

来歴[編集]

苫小牧市立沼ノ端中学校苫小牧東高校から明治大学に進学、ユニバーシアードに2度出場した[2]。1991年に国土計画(後にコクド)入社。正ゴーリーの座を射止めタイトル獲得に貢献。日本アイスホッケーリーグ3連覇、全日本アイスホッケー選手権3連覇に貢献した[3]

日本代表でも10年間活躍、長野オリンピックなどに出場した[4]

コクドが西武鉄道アイスホッケー部と合併したのに伴い、2003年引退。新生コクドでコーチとなる[3]

2005年、監督に就任[3][5]

2007年退任。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 選手個人データ”. 日本オリンピック委員会. 2012年5月28日閲覧。
  2. ^ 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』194頁 日本アイスホッケー連盟 2001年
  3. ^ a b c 4月30日 新横浜スケートセンター 岩崎伸一さん(元アイスホッケー日本代表)”. SBSラジオ. 2012年5月28日閲覧。
  4. ^ Message35:ビジョンを明確に持とう。”. 武蔵野大学 (2007年). 2012年5月28日閲覧。
  5. ^ フォトギャラリー”. 日本アイスホッケー連盟. 2012年5月28日閲覧。

関連書籍[編集]

  • アイスホッケーマガジン 1999年3月号 表紙

関連項目[編集]