辻占スティーブンケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

辻占スティーブンケン(つじうらスティーブンケン Steven Ken Tsujiura 1962年2月28日- )はカナダアルバータ州コールデイル出身のアイスホッケー選手。

経歴[編集]

カルガリー大学出身。1980-81年シーズンにはWHLの最優秀選手に選ばれており1981年のNHLドラフト10巡でフィラデルフィア・フライヤーズから指名された。

AHL、スイスリーグなどでプレーした後、1994年より日本アイスホッケーリーグコクドアイスホッケー部に加入した。長野オリンピックの前年に日本に帰化し、日本代表に選ばれた[1]。最年長で出場した長野オリンピックではチームの副キャプテンを務めた[2]

日本リーグでは1994/95シーズンから1997/1998シーズンまでの4シーズンプレーした[3]

2002年に行われた長野カップでは日本代表の監督を務めた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アイスホッケー・日本男子”. 信濃毎日新聞. 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ 強豪相手に健闘 日本国籍取得の日系カナダ人選手”. 信濃毎日新聞 (1998年2月7日). 2011年8月28日閲覧。
  3. ^ 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』日本アイスホッケー連盟
  4. ^ CONVENTION RECORD LIST 2002”. 日本アイスホッケー協会. 2011年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]