アジアリーグアイスホッケー2006-2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アジアリーグアイスホッケー2006-2007シーズンは、2006年9月23日から2007年3月24日にかけて開催された。日本製紙クレインズが3シーズンぶり2度目の優勝。

参加チーム[編集]

前シーズン限りでノルディックバイキングスが脱退。コクドはSEIBUプリンスラビッツに、ハルビンは北京市に移転して浩沙に、チチハルは長春市に移転して長春富奥に、それぞれチーム名を変更した。

チーム 本拠地
日光神戸アイスバックス 栃木県日光市兵庫県神戸市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子製紙 北海道苫小牧市
SEIBUプリンスラビッツ 東京都西東京市
アニャンハルラ 京畿道安養市
カンウォンランド 江原道春川市
浩沙 北京市
長春富奥 吉林省長春市

2006-2007[編集]

Club GP W OTW L OTL L GF-GA Pts
1. 日本の旗 日本製紙クレインズ 34 27 1 1 2 3 198:079 86
2. 日本の旗 SEIBUプリンスラビッツ 34 21 3 5 1 4 173:071 75
3. 日本の旗 王子製紙 34 20 0 4 1 9 151:080 65
4. 韓国の旗 カンウォンランド 34 18 3 1 1 11 153:110 62
5. 韓国の旗 アニャンハルラ 34 16 0 2 1 15 146:117 51
6. 日本の旗 日光神戸アイスバックス 34 12 0 1 0 21 090:158 37
7. 中華人民共和国の旗 浩沙 34 6 0 0 1 27 086:188 19
8. 中華人民共和国の旗 長春富奥 34 2 0 0 0 32 041:235 6

プレーオフ[編集]

1回戦   セミファイナル   ファイナル
                   
     日本製紙クレインズ 3  
 カンウォンランド 3      カンウォンランド 0  
 アニャンハルラ 0        日本製紙クレインズ 3
     SEIBUプリンスラビッツ 1
     SEIBUプリンスラビッツ 3
 王子製紙 1      日光神戸アイスバックス 0  
 日光神戸アイスバックス 3  


表彰[編集]

最優秀選手[編集]

部門 受賞者 所属
最優秀選手 伊藤賢吾 日本製紙クレインズ

ベスト6[編集]

部門 受賞者 所属
ベストプレイメイクFW パトリック・マルティネツ アニャンハルラ
ベストオフェンシブFW 伊藤雅俊 日本製紙クレインズ
ベストディフェンシブFW ダーシ・ミタニ 日本製紙クレインズ
ベストオフェンシブDF 伊藤賢吾 日本製紙クレインズ
ベストディフェンシブDF 宮内史隆 SEIBUプリンスラビッツ
ベストGK 菊地尚哉 SEIBUプリンスラビッツ

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 ティム・スミス カンウォンランド 30
最多アシスト パトリック・マルティネツ アニャンハルラ 53
最多ポイント パトリック・マルティネツ アニャンハルラ 71
最優秀防御率GK 菊地尚哉 SEIBUプリンスラビッツ 93.69

その他[編集]

部門 受賞者 所属
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー 外崎潤 日本製紙クレインズ
最優秀監督 キム・ヒウ カンウォンランド
ホッケータウン・イン・アジア 西東京市

出典[編集]

関連項目[編集]