アインシュタインの原論文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アインシュタインの原論文』とは相対性理論を提唱するなど、それまでの古典物理学には無かった半古典的な理論を考え出し、量子力学を包括する現代物理学の基礎を築いたドイツ物理学者アルベルト・アインシュタインの著した原論文の事である。この記事では、その内PDFファイルの形式でWeb上での閲覧が可能なものを年代順に羅列している。

一覧[編集]

1901年
  • A. Einstein (1901-12-13). “Folgerungen aus den Capillaritätserscheinungen [毛管現象からの2,3の帰結]” (German) (PDF). Annalen der Physik. Ser. 4 (Weinheim, Rhein-Neckar-Kreis, Land Baden-Württemberg, Bundesrepublik Deutschland: Wiley-VCH Verlagドイツ語版英語版) 309 (3): 513–523. Bibcode1901AnP...309..513E. doi:10.1002/andp.19013090306. ISSN 0003-3804. LCCN 50-13519. OCLC 5854993. http://www.physik.uni-augsburg.de/annalen/history/einstein-papers/1901_4_513-523.pdf. 
1902年
1903年
1904年
1905年(奇跡の年)
1906年
1907年
1908年
1909年
1910年
1911年
1912年
1913年
1914年
1915年
1916年
1917年
1918年
1922年

参考文献[編集]

この記事では、以下の訳書や書籍を参考文献として参照している他の記事やWebページでの記述を参考に幾つかの論文のタイトルに邦訳を付けている。

関連項目[編集]

E = , p = /c
CV = 3Rx2ex/(ex − 1)2 (∵ x = /kBT)

外部リンク[編集]