エドゥアルト・アインシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルト・アインシュタイン
生誕 1910年7月28日
スイスの旗 スイスチューリッヒ
死没 1965年10月25日(満55歳没)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
死因 脳卒中
住居 スイス(1910-1965)
国籍 スイス
別名 Tete(ティート)
宗教 セルビア正教会 [1]
アルベルト・アインシュタイン, Mileva Maric
親戚 ハンス・アルベルト・アインシュタイン, Lieserl Einstein
テンプレートを表示

エドゥアルト・アインシュタインEduard Einstein1910年7月28日1965年10月25日)は、物理学者アルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチ(Mileva Marić)との間の次男。アシュケナジムユダヤ人である。

生涯[編集]

4歳のころにドイツベルリンに移住するが、すぐに母や兄とともにチューリッヒに戻った。

優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。しかし、20歳頃から統合失調症を患うようになり、最初の発病から2年後に精神病院に収容されることとなった。長年、エドゥアルトの病状が悪化したのは、過剰な薬物投与と、入院時に行われた多くの「治療」に原因があると伝えられていたが[1]、兄のハンスは、彼の病状を絶望的な段階に追いやったのは、電気ショック療法だと語っている[2]

発病後、エドゥアルトは父アルバートに対して、憎んでいる旨を伝え、アルバートは生涯次男に会うことはなかったが[3]、母ミレヴァは1948年に亡くなるまで息子を看病し続けていたという。

母の死去以降はチューリッヒ大学附属の精神病院であるBurghölzliで余生を過ごすこととなり、1965年に同病院で脳卒中により亡くなった。エドゥアルトの事例は、後年統合失調症への認識を高めるのに役立つこととなったと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ Clark, Ronald W. (1971). Einstein: The Life and Times. Avon. ISBN 0-380-44123-3.
  2. ^ Barry Parker 2003: Einstein : the passions of a scientist. Prometheus Books. New York. Page 236.
  3. ^ Barry Parker 2003: Einstein : the passions of a scientist. Prometheus Books. New York. Pages 236-237.