やりがい搾取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やりがい搾取(やりがいさくしゅ)とは、経営者が金銭による報酬の代わりに労働者に「やりがい」を強く意識させることにより、その労働力を不当に安く利用する行為をいう[1][2][3]東京大学教授で教育社会学者の本田由紀により名付けられた[1][3]

やりがい搾取という造語は、2007年前後から本田が著書などで使い始めたことで広く認知されるようになった[1][3]。ブラック企業とやりがい搾取は密接な関係にあるとされ[3]、「やりがい」と「報酬」はトレードオフの関係にはならない[4]

やりがい搾取として批判された例[編集]

2014年ブラック企業大賞においてはアニメ制作会社A-1 Picturesが象徴的事例としてノミネートされ[5]、業界賞を受賞した[6]。同社では2010年10月に当時28歳の男性社員が自殺し、2014年4月11日付けで過労によるうつ病が原因として労災認定された。男性の1か月あたりの労働時間は600時間を超えていたが、残業代が支払われた形跡は無かった[7]。アニメ制作業界では、かねてより労働環境の悪さや賃金の低さが指摘されている[7]

2020年東京オリンピックパラリンピックボランティア募集要項が2018年3月下旬に東京都から発表されたが、その中に「交通費及び宿泊は自己負担・自己手配」などの記述があったことから、「ブラック企業より酷い」「やりがい搾取」などの批判を受けた[8][9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本の人事部 やりがい搾取”. アイ・キュー (2016年9月28日). 2018年8月4日閲覧。
  2. ^ “あなたは「やりがい搾取」されていませんか? 悪用される「自己実現」という詭弁”. ダ・ヴィンチニュース. (2018年6月8日). https://ddnavi.com/review/464185/a/ 2018年8月4日閲覧。 
  3. ^ a b c d これって、やりがい搾取!?働きがいにつけ込まれないために”. 転職Hacks. クイック (2017年7月18日). 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ あなたの仕事、本当はもっと高く売れます!やりがい搾取に遭わないために気をつけるべきこと”. URIDOKI. 2018年8月4日閲覧。
  5. ^ ブラック企業大賞2014 ノミネート企業11社とノミネート理由”. ブラック企業大賞企画委員会. 2018年8月4日閲覧。
  6. ^ 【速報】「ブラック企業大賞2014」はヤマダ電機が「大賞」。たかの友梨、すき家にも部門賞”. BLOGOS (2014年9月6日). 2018年8月4日閲覧。
  7. ^ a b “サボらないと死んでしまう!? A-1 Picturesの労災認定に見る、アニメ業界全体の労働環境改善の可能性”. エキサイトニュース. (2014年4月30日). https://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20140430/Otapol_201404__a_1_pictures.html 2018年8月4日閲覧。 
  8. ^ “「やりがい搾取」と依然批判受ける東京五輪のボランティア 悲惨な状況にならないように今から準備を”. @ニフティニュース. (2018年7月13日). https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-8961/ 2018年8月4日閲覧。 
  9. ^ “東京五輪まで2年/4 ボランティア、どう発掘”. 毎日新聞. (2018年7月26日). https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180726/ddm/041/050/045000c 2018年8月4日閲覧。 
  10. ^ “五輪ボランティアやりがい搾取論やまず…組織委自ら体験”. 朝日新聞デジタル. (2018年5月14日). https://www.asahi.com/articles/ASL5G2C2XL5GUTQP001.html 2018年8月4日閲覧。 

関連項目[編集]