めぶきフィナンシャルグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社めぶきフィナンシャルグループ
Mebuki Financial Group, Inc.
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 7167
2013年12月19日上場
略称 めぶきFG
本社所在地 日本の旗 日本
103-0022
東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号
北緯35度41分13.1秒 東経139度46分23秒 / 北緯35.686972度 東経139.77306度 / 35.686972; 139.77306座標: 北緯35度41分13.1秒 東経139度46分23秒 / 北緯35.686972度 東経139.77306度 / 35.686972; 139.77306
設立 2008年平成20年)4月1日
(株式会社足利ホールディングス[2]
業種 銀行業
法人番号 1060001007582 ウィキデータを編集
事業内容 銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理およびこれに付帯関連する一切の業務[2]
代表者 秋野哲也代表取締役社長
清水和幸(代表取締役副社長[3]
資本金 1,174億95百万円
(2022年3月31日現在)[4]
純資産 連結9,590億円
(2022年3月31日現在)[4]
総資産 連結24兆1,255億円
(2022年3月31日現在)[4]
従業員数 連結6,221人
(2022年3月31日現在)[4]
決算期 3月31日[4]
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 15.19%
日本カストディ銀行(信託口) 5.57%
野村證券 4.31%
(2022年3月31日現在)[4]
主要子会社 株式会社常陽銀行 100%
株式会社足利銀行 100%[4]
関係する人物 寺門一義(初代社長)
笹島律夫
外部リンク https://www.mebuki-fg.co.jp/
テンプレートを表示
足利銀行本店(めぶきFG・宇都宮本社)
常陽銀行本店(めぶきFG・水戸本社)

株式会社めぶきフィナンシャルグループ英語: Mebuki Financial Group, Inc.)は、足利ホールディングス常陽銀行の経営統合により誕生した金融持株会社[2]

概要[編集]

茨城県を地盤とする常陽銀行(本店・水戸市)と、栃木県を地盤とする足利銀行(本店・宇都宮市)の金融持株会社である足利ホールディングス[5]2016年10月1日に経営統合し、足利HDから社名変更によって発足した。

地方銀行首位のコンコルディア・フィナンシャルグループ横浜銀行+東日本銀行)、2位のふくおかフィナンシャルグループ福岡銀行+熊本銀行+十八親和銀行)に続く地銀グループ第3位の規模となる[6]。経営統合は、かつて三井住友トラスト・ホールディングス[注 1]ほくほくフィナンシャルグループ[注 2]などが採った方法と同じで、既存の足利ホールディングスが商号変更して「めぶきフィナンシャルグループ」となり、常陽銀行が東京証券取引所1部への上場を廃止し、株式交換によりその傘下に加わった[7]

他の地域金融機関のグループ入りをあらかじめ見据え、持株会社の社名は新芽が出ることを意味する「めぶき」とした[8]

登記上の本社・本店は東京都中央区(常陽銀行東京営業部所在地)に置く[9]が、常陽銀の本店所在地に「めぶきFG・水戸本社」、足利銀の本店所在地に「めぶきFG・宇都宮本社」を設置し、東京本社と合わせて3本社体制を取る[10]

社長には常陽銀行の寺門一義頭取、副社長には足利銀行の松下正直頭取がそれぞれ就任した[3][11]

沿革[編集]

  • 2015年(平成27年)11月2日 - 常陽銀行・足利ホールディングスの経営統合を発表[12]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月25日 - 常陽銀行・足利ホールディングス、株式交換による経営統合について最終合意。統合後の社名を「めぶきフィナンシャルグループ」とすることも発表[13]
    • 6月28日 - 足利ホールディングス・常陽銀行、定時株主総会がそれぞれの本社所在地である宇都宮市と水戸市で行われ、経営統合の提案が双方ともに承認される[14]
    • 9月28日 - 常陽銀行の株式が東京証券取引所1部から上場廃止[15]
    • 10月1日 - 株式交換により常陽銀行を完全子会社とした「足利ホールディングス」が株式会社めぶきフィナンシャルグループに商号変更。
      • この経営統合により、常陽銀行・足利銀行の相互宛ての振込手数料を2行の本支店への手数料と同額に引き下げた。また、どちらの銀行のキャッシュカードでもATMで入金ができるようになった[16]

グループ企業[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年4月1日に、中央三井信託銀行中央三井アセット信託銀行の親会社である中央三井トラスト・ホールディングス住友信託銀行との株式交換に伴い、「三井住友トラスト・ホールディングス株式会社」に改称して誕生。一年後の2012年(平成24年)4月1日に、子会社である中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行・住友信託銀行の3社を合併させて、三井住友信託銀行が誕生。
  2. ^ 2004年9月1日、北陸銀行を傘下に持つほくぎんフィナンシャルグループが北海道銀行と株式交換し、同行を完全子会社化。商号を「株式会社ほくほくフィナンシャルグループ」に変更して誕生。
  3. ^ 2021年4月1日に株式会社常陽クレジット株式会社あしぎんカードが合併。

出典[編集]

  1. ^ 組織図 - 株式会社めぶきフィナンシャルグループ
  2. ^ a b c 会社概要”. めぶきFG. 2016年10月1日閲覧。
  3. ^ a b 役員一覧”. めぶきFG. 2022年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 第6期有価証券報告書”. めぶきFG. 2022年11月27日閲覧。
  5. ^ グループ会社”. めぶきFG. 2016年10月1日閲覧。
  6. ^ 常陽銀行と足利HDが経営統合で基本合意 地銀3位グループに2015年11月2日 ロイター
  7. ^ 栃木)足利、常陽銀が経営統合最終合意 朝日新聞 2016年4月25日
  8. ^ めぶきFG 誕生へ 常陽銀が経営統合「主導」[リンク切れ] 読売新聞 2016年4月25日
  9. ^ 常陽銀・足利HD統合で「めぶきFG」 社名で最終合意 日本経済新聞 2016年4月25日
  10. ^ 常陽銀・足利HD:経営統合、「めぶきFG」10月発足 毎日新聞 2016年4月25日
  11. ^ 持ち株会社名称は「めぶきFG」 統合の常陽銀行と足利HD Archived 2016年4月23日, at the Wayback Machine. 中日新聞 2016年4月22日
  12. ^ “株式会社常陽銀行と株式会社足利ホールディングスの株式交換による経営統合に関する基本合意について” (PDF) (プレスリリース), 常陽銀行、足利ホールディングス, (2015年11月2日), http://www.mebuki-fg.co.jp/news/ashikaga_hd/pdf/mvh0v_151102_01.pdf 2016年10月2日閲覧。 
  13. ^ “株式会社常陽銀行と株式会社足利ホールディングスの株式交換による経営統合に関する最終合意について” (PDF) (プレスリリース), 常陽銀行、足利ホールディングス, (2016年4月25日), http://www.mebuki-fg.co.jp/news/ashikaga_hd/pdf/mydf0_160425_01.pdf 2016年10月2日閲覧。 
  14. ^ 足利HDと常陽銀 株主、経営統合を歓迎 現行最後の定時総会 Archived 2016年6月30日, at the Wayback Machine. 下野新聞 2016年6月29日
  15. ^ 「常陽銀」上場廃止、「めぶきFG」株に 経営統合に伴い 茨城新聞 2016年9月29日
  16. ^ 足利銀への振込手数料 常陽銀が来月から引き下げへ Archived 2016年9月15日, at the Wayback Machine. 東京新聞 2016年9月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]