あきば栞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あきば 栞
プロフィール
リングネーム あきば 栞
ニックネーム リトルスカイ
身長 147.5cm
体重 40kg
誕生日 (1990-01-29) 1990年1月29日(27歳)
出身地 東京都
所属 フリーランス
トレーナー 志田光
はやて
デビュー 2014年3月30日
優華
テンプレートを表示

あきば 栞(あきば しおり、1990年1月29日 - )は、日本の女子プロレスラー東京都出身。身長146cm、体重39kg。

所属[編集]

経歴[編集]

2014年
3月22日、アイスリボン545でくるみとのエキシビションマッチを行う。
3月30日後楽園ホール大会でデビュー戦が決定し対戦相手はライバルの優華となるも敗北。
4月6日プロレスリングWAVE主催「Catch the WAVE YOUNGブロック」に同じアイスリボンの世羅りさとエントリーする。
4月30日、5月5日WNC横浜ラジアントホール大会で真琴&小林香萌の持つREINA世界タッグ王座に優華と組んで挑戦が決まった[1]
5月5日、WNC横浜大会にて、REINAタッグに挑戦するが、小林香萌のブレーンバスタースープレックスホールドを受け奪取失敗[2]
6月18日、記憶障害を伴う頭痛のため欠場に入る[3][4]。なお、当日の道場マッチは当初より試合予定がなかったもののCatch the WAVEは欠場となった。
8月31日、アイスリボン後楽園ホール大会「不思議の国のアイス2014」にて復帰戦(ラビット美兎&林小雪&あきば vs 希月あおい&235&弓李)、しかしあおいの旋回式ボディプレスに屈する[5]
10月18日、体調不良を理由に新田猫子戦の決まっていた道場マッチを欠場。また復帰予定だった11月24日の横浜ラジアントホール大会も復帰が間に合わず欠場となる。
12月24日、「今後プロレス活動を継続していくことが困難」との理由でアイスリボン所属登録・契約が抹消されることが発表される[6]。アイスリボンでの試合は10月11日星ハム子生誕祭での世羅りさ&235戦(パートナーは弓李)が最後となった。
2015年
4月27日、蕨レッスル武闘館で行われた崖のふちプロレス、渋谷シュウ戦で復帰。ジムでインストラクターとして勤務[7]しつつ、フリーランスとしてプロレス活動を継続する。
11月1日、YMZ西新井大師西スタジオ大会で、米山香織との「おりコントラおり」に敗れ、リングネームを「あきば氏」に変更させられた[8]
11月22日、YMZの道場イベントでのまがつきじゃんけんの試合結果、◯あきば氏(0:07グー)×徳島のシゲキさん、によって、「おり」を取り戻し、リングネームを「あきば栞」に戻した[9]
2016年
2016年8月、アクトレスガールズにて仁科鋭美とのタッグ「ES'z (エンドレスシャイニーズ)」を結成。
11月19日、REINA女子プロレス王子BASEMENT MONSTER大会の泰里戦で、オリジナル技アルカンシェル(ロンダードから飛びついてのスタナー)を初披露する。
2017年5月21日、大館プロレス祭り・大館大会でアクトレスガールズ・清水ひかりと対戦。

人物[編集]

  • デビュー前、AKB48のダンスコピーユニットのメンバーとして活動中にゲスト出演したプロレスに魅せられ、プロレスサークルやルチャサークルで練習を重ね、アマチュアレスラーとして試合を行っていた。
  • ルチャサークル立ち上げ時はスタッフとして活動していた。
  • アマチュア時代のリングネームは母親が好きなサザンオールスターズの曲をもじった「愛史野エリー」(いとしのえりー)と名乗っていた。
  • プロデビュー後は、上述のエピソードから藤本つかさ佐藤肇によりAKB48とサザンオールスターズにちなんだ「あきば栞」と名付けられる。

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アイスリボン555 19時30分開始 有限会社ネオプラス・アイスリボン事業部 2014年5月1日
  2. ^ 2014-05-05 GWプロレス祭りWNC横浜大会 Wrestling New Classic
  3. ^ 【お知らせ】あきば栞欠場のお知らせ 有限会社ネオプラス・アイスリボン事業部 2014年6月18日
  4. ^ アイスリボン所属あきば栞に記憶障害を伴う頭痛発生、当面の間欠場に”. 週刊ファイト  (2014年6月18日). 2016年12月11日閲覧。
  5. ^ 不思議の国のアイス2014 12時00分開始 有限会社ネオプラス・アイスリボン事業部 2014年9月4日閲覧
  6. ^ 【お知らせ】選手登録抹消選手について 有限会社ネオプラス・アイスリボン事業部 2014年12月25日閲覧
  7. ^ あきばしおり @akibasiori2015年6月1日閲覧
  8. ^ YMZ 11.1西新井大会で米山にことごとく敗れたあきば栞が「あきば氏」に改名!PSYCHOvs.円華は熱戦の末、決着つかず”. バトルニュース  (2015年11月1日). 2016年12月11日閲覧。
  9. ^ 朝イベであきば氏が“おり”奪回成功!あきば栞へ。”. YMZ公式ブログ  (2015年11月24日). 2016年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]