X-54 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガルフストリーム X-54

ガルフストリーム X-54 (Gulfstream X-54) は、ガルフストリーム・エアロスペースによりアメリカ合衆国で開発されている、研究・実証航空機。ソニックブーム超音速輸送機の研究に使用するため計画された。

開発[編集]

2008年に始まったX-54プロジェクトは、超音速飛行が可能な実験航空機を製造することを目的としている[1]。また、X-54Aは将来の超音速輸送機の設計と調整のサポートのため、ソニックブーム効果のテストデータを得ることを目的としている[2]。現行の規制はアメリカ合衆国の上空を超音速で飛行することを禁じており、X-54は商業的な超音速輸送ができるように規則を変更させるための、ガルフストリーム社の取り組みの一部である[3]

X-54Aはガルフストリーム・エアロスペースによって開発されており、2つのロールス・ロイス RB.183 テイ ターボファンエンジンを動力として用いる予定である[1]。アメリカ軍とNASAのどちらも現在のプロジェクトに関与していないにもかかわらず[1]、航空機はNASAの要請でアメリカ国防総省のアメリカ陸海空軍航空機命名規則 (en) によりXシリーズの指定を受けた[4]

しかしながらガルフストリーム社はX-54プロジェクトについて少しのコメントを残しており[5]、2008年の全米ビジネス航空協会のコンベンションで、ガルフストリーム社の重役は「超音速飛行のための先進的で技術的なガルフストリーム社の仕事は『いつかのため』に継続しており、『衝撃波軽減のために設計された完全な航空機』はおそらく『X-54の面に描かれる』だろう」と述べている[6]

X-54Aはおそらくガルフストリーム社の「ソニック・ウィスパー」計画と関連しており、「超音速飛行時における衝撃の強さを弱める」設計として2005年に商標登録された[5]。いくつかの情報源は、X-54Aはロッキード F-104 スターファイターをベースにしていると主張している[7]が、これはアメリカ国防総省による航空機の説明と矛盾する[1]

スペック (X-54A)[編集]

諸元

性能


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

競合する航空機

関連リスト

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b c d Jane's 2010
  2. ^ DOD 2009
  3. ^ Rubner 2005
  4. ^ AOPA 2008
  5. ^ a b Croft 2008
  6. ^ Red 2009
  7. ^ Gulfstream X-54A Sonic Whisper Hitechweb.genesis.eu. (Slovak) 2010年1月7日閲覧。
参考文献