X-9 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベル X-9

Bell X-9 trailer.jpg

  • 用途:ミサイル開発試験機
  • 製造者:ベル社
  • 運用者アメリカ空軍
  • 初飛行:1949年4月28日
  • 生産数:31基
  • 運用状況:射耗・退役

X-9アメリカ合衆国のベル社の空対地ミサイル開発用試験機。GAM-63ラスカル・空対地ミサイル開発用のものであり、空力関係や誘導装置の開発に用いられた。愛称はシュライク(Shrike)。

概要[編集]

アメリカ陸軍航空軍1946年頃より爆撃機から発射する空対地ミサイルを構想しており、これはMX-776計画として1947年5月よりベル社に発注していた。1948年には開発試験機も製作することが決定し、RTV-A4の名称で小型試験機(MX-776A計画)が、XB-63(後にGAM-63)の名称で大型量産機(MX-776B計画)が作られることとなった[1]

RTV-A4は1949年4月28日より飛行試験が開始された。X-9の名称は1951年に与えられている。X-9は93基が発注されたが、後にキャンセルされ31基の生産であった。1953年1月23日にまでに全基が射耗し、実機は残されていない。X-9は鉛筆状の本体の尾部と機首にそれぞれ4枚の安定翼を持っており、エンジンは液体ロケットであった。発射に際してはB-50から投下された。

要目[編集]

  • 全長:6.9m
  • 全幅:2.4m
  • 胴体直径:0.56m
  • 自重:964kg
  • 全備重量:1,588kg
  • エンジン:ベル XLR65-BA-1 ロケットエンジン(推力 13.3kN)
  • 最大速度:マッハ2
  • 航続距離:80km

性能[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「Xプレーンズ」,世界の傑作機No67,文林堂 ISBN 978-4893190642

参考文献[編集]

  • 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年

外部リンク[編集]