X-48 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
X-48B

X-48アメリカ航空宇宙局(NASA)が試験中の無人実験機。ブレンデッドウィングボディ(BWB)を用いた全翼機であり、2007年7月20日に初飛行した。

概要[編集]

アメリカ航空宇宙局はマクドネル・ダグラス社と組んで1990年代よりBWB技術を用いた全翼機の研究を行っており、無人小型実験機による飛行試験も行っていた。この研究は1997年にマクドネル・ダグラス社がボーイング社に吸収合併された後はそのままボーイング社に引き継がれ、2000年にBWB-LSV (Blended Wing Body - Low Speed Vehicle)の名称で全幅10.7mの無人実験機を作ることとなった。

2001年にこの機体にX-48Aの名称が与えられ、2004年の初飛行を目指していた。しかし、2002年にはNASAにおける優先順位が変更され、X-48Aはキャンセルされた。このため、ボーイング社はイギリスクランフィールド・アエロスペースに協力を求め、一回り小型の全幅6.4mのX-48Bを製造することとし、これにより計画は再開することとなった。

1号機は2006年よりラングレー研究所における風洞試験に用いられ、2号機を用いて飛行試験が行われた。初飛行はドライデン飛行研究センターにて2007年7月20日に行われ、31分間飛行して高度2,500メートルに達した。

X-48Bは上から見ると三角形の形状をしており、両端が垂直尾翼となっている。機体中央前部は、主翼前縁よりも前方に出ているが、BWBにより主翼とも胴体とも言えない形状となっている。機体中央後上部にジェットエンジンを3基装備している。

X-48Cは、X-48Bをベースに静寂性向上を図って改良された機体であり、エンジンを2基に減らして垂直尾翼を追加している。2009年に風洞試験が実施された。

外部リンク[編集]