X-18 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X-18

Hiller X-18

Hiller X-18

X-18アメリカ合衆国のヒラー・エアクラフト(Hiller Aircraft Corporation)社が開発した実験用S/VTOL機。VTOL方式はティルトウイングによるものであり、1機が生産された。

概要[編集]

主翼向き変更の連続写真

アメリカ空軍からの発注により、1955年から開発が開始された。開発期間の短縮のために、機体はC-122輸送機の胴体部分を流用しており、エンジンについてもコンベア XFYロッキードXFVと同じくターボプロップエンジンを用いている。

ティルトウイングであり、エンジンが取り付けられた主翼は、90度上向きにすることができる。それにより、推力を直下方にむけVTOLを行う。主翼にはターボプロップエンジンが2基装備され、二重反転方式3翅のプロペラが用いられていた。この他、低速時のピッチ制御用に尾部にターボジェットエンジン1基を装備していた。

1957年からは、模型による風洞試験が行われていた。その後、1959年11月24日に初飛行している。その後、エドワーズ空軍基地を中心に試験飛行を行った。1961年7月の20回目の試験飛行の際に、ホバー状態に移行する際にきりもみに陥り、墜落はしなかったものの、飛行試験は中止された。その後は地上試験により、ティルトウイング機の特性の調査が行われ、1964年1月18日に計画は終了、機体はスクラップにされた。なお、X-18は遷移飛行や垂直離着陸には成功していない[1]

X-18により、ティルトウイング機においては、左右のエンジンの同調が重要であること、低速時における風の影響を受けやすいことなどが判明し、XC-142V-22の開発に活かされた。

要目[編集]

  • 全長:19.2m
  • 全幅:14.6m
  • 全高:7.5m
  • 最大速度:407km/h
  • エンジン:アリソンT-40ターボプロップエンジン(5,500軸馬力)2基、ウエスチングハウスJ34ターボジェット(15.2KN)1基

脚注[編集]

  1. ^ 「Xプレーンズ」,世界の傑作機No67,文林堂 ISBN 978-4893190642

参考文献[編集]

  • 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年

外部リンク[編集]