X-28 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X-28

X-28

X-28

X-28アメリカ海軍インドシナ各国の現地警察のパトロール用にテストした小型飛行艇

概要[編集]

エアースキマー計画の一環として開発された。有視界飛行を行なう小型・低廉な機体が求められ、既存のホームビルト機を改造する事となり、7社の比較審査の結果ジョージ・ペレイラが開発したオスプレイ Iが選定された。、1971年に実施された飛行テストでも良好な性能を示したが、ベトナム戦争の情勢が悪化したため、1971年に計画は中止された。

機体は、小型の飛行艇であり、胴体部分が艇体となっている。エンジンはレシプロエンジン単発であり、胴体中央部に太い支柱が立てられ、その上部に設置されている。プロペラは2翅でエンジン後部にあり推進式、コックピットはエンジン設置支柱の直前にあり、開放式となっている。有視界方式で飛行し、価格は5千ドルを切ることを目標としていた。

スペック[編集]

  • 乗員:1名
  • 全幅:7.01 m
  • 全長:5.26 m
  • 全高:1.60 m
  • 翼面積:9.01 m²
  • 重量:237 kg
  • 全備重量:408 kg
  • 発動機:コンチネンタル C-90-12 液冷水平対向4気筒 90 hp 1基
  • 燃料:60 ℓ
  • 最高速度:217 km/h
  • 実用上昇限度:5,500 m
  • 航続距離:600 km

参考文献[編集]

外部リンク[編集]