X-42 (ロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X-42アメリカ空軍が開発していたロケット液体燃料を用いる使い捨て型ロケットと推測されている。計画内容や開発状況の詳細は明らかにされておらず、開発はキャンセルされているものと思われている[1]

ロケットの上段部(Pop-Up Upper Stage)の開発であり、新素材や新型のエンジンを用いた低コストの機材を目指していた。軌道投入能力は最大1.8t。1997年には調査予算が付けられていた。

脚注[編集]

  1. ^ AMERICAN X-VEHICLES An Inventory—X-1 to X-50 NASA資料 2003年

外部リンク[編集]