UボートXVIIB型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XVIIB型Uボート
XVIIB型の1隻、U-1406。第2次大戦直後、解体中の写真。
基本情報
種別 潜水艦
命名基準 U-4○○
同型艦 U-459、461、463
前級 XVIIA型
要目
排水量 水上 312t / 水中 337t
全長 41.5m
全幅 4.5m
吃水 4.3m
機関 Deutz SAA SM517 過給機付8気筒ディーゼルエンジン×1基 230Ps
AEG Maschine AWT98 電気モーター×1基 73Ps
ヴァルター機関×1基 2,500Ps
スクリュー×2軸
速力 水上 8.8kt / 水中 25kt
航続距離 水上 5,600km (8kt)
水中 228km (25kt)
乗員 19名
兵装 魚雷発射管×4門(再装填なし)
テンプレートを表示

UボートXVIIB型 (U-Boot Klasse XVIIB) は、第二次世界大戦中のドイツ海軍の沿岸哨戒潜水艦ヘルムート・ヴァルターが提唱した、高濃度過酸化水素を用いた非大気依存推進 (ヴァルター機関) により、水中高速力を実現することを目指した実験艦。1943年から1944年までの間に3隻が建造された。

第二次大戦後、建造された3隻のうち2隻は、アメリカおよびイギリスに接収された。アメリカに接収されたU1406は、実験に供された後、1948年5月18日に解体された。イギリスに接収されたU1407は、HMS メテオライトとして再就役した。

同型艦[編集]

  • U-459 (Unterseeboot 1405)
  • U-461 (Unterseeboot 1406)
  • U-463 (Unterseeboot 1407)

要目[編集]

  • 排水量 (水上/水中):312 t / 337 t
  • 全長:41.5 m
  • 全幅:4.5 m
  • 喫水:4.3 m
  • 速力 (水上/水中):8.8 kt / 25 kt

関連項目[編集]