RULE of ROSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RULE of ROSE
ルール オブ ローズ
ジャンル サイコミステリー・アドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 パンチライン
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
アメリカ合衆国の旗アトラス
欧州連合の旗505 GameStreet
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗2006年1月19日
アメリカ合衆国の旗2006年9月12日
欧州連合の旗2006年11月3日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
PEGI:16[1]
USK:18
ESRBM(17歳以上)
テンプレートを表示
赤ずきん』といった童話の残酷性などが、本作品の内容に影響を与えている[2]

RULE of ROSE』(ルール オブ ローズ)は、2006年に発売されたPlayStation 2用ソフト。ジャンルは「サイコミステリー・アドベンチャー」。

主人公がとともに行動したり、ゲーム自体にサイコホラー要素があることから、この作品は『サイレントヒル』や『DEMENTO』といったサバイバルホラーゲームと比べられてきた[3][4]

あらすじ[編集]

1930年、イギリス。ある夜、ジェニファーはバスの中で謎の少年から絵本を手渡され、森の中へと誘われる。ジェニファーが少年の後を追いかけていった先は、ローズガーデン孤児院。そこでは「赤いクレヨンの貴族」と呼ばれる階級制度を作った少女達が支配していた。その少女達の輪へ入ったジェニファーは、そこで様々な災難に遭いながら、謎を解いていく[3]

登場人物[編集]

ジェニファー(Jo Wyatt)
本作の主人公。19歳。非力で不幸な少女。気弱な性格。バスの中で少年に出会ったことを機に、不思議な世界に迷い込む。貴族の位は最下層の「びりっけつ」。
ブラウン
ジェニファーが拾った犬で、彼女にとって唯一の味方にして友達となる。嗅覚が鋭く、探し物をしてくれる。
ダイアナ(声:Joanna Hall)
勝気なお姫様。「赤いクレヨンの貴族」のリーダー的存在。貴族の位は「こうしゃくふじん」。気が強く、高慢で身勝手な性格。右腿に包帯を巻いている。
メグ(声:Barbara Barnes)
賢そうなお姫様。「赤いクレヨンの貴族」のサブリーダー的存在。貴族の位は「だんしゃくふじん」。常にダイアナに付き従う聡明な少女。が書かれたノートを常時している。
アマンダ(声:Clare Corbett)
小さな心のお姫様。ぽっちゃりした感じの少女。自分はジェニファーより優位だと思い込んでいる。貴族の位は「ひんみん」。糸の無い針で雑巾ミシンをかけている。
エレノア(声:Joanna Hall)
冷ややかなお姫様。おかっぱ頭の少女。貴族の位は「はくしゃくふじん」。無口で冷めた性格。いつも空の鳥かごを持ち歩いている。
ウェンディ(声:Theresa Gallagher)
寂しがり屋なお姫様。病弱だが、優しく健気な性格。唯一ジェニファーと友好的に接する少女。「ピーター」という名前の兎の世話をしている。
スーザン(声:Emma Tate)
せっかちなお姫様。三つ編みの少女。お喋り。かつてはメグと共に孤児院の図書室の掃除をしていた。
オリビア(声:Emma Tate)
泣き虫なお姫様。かつては、ホフマンやマーサの手を煩わせていたようだが、ある出来事を境に、次第に泣かなくなっていった。
ニコラ(声:Sue Sheridan)
だらしない王子様。クサビエと騎士様ごっこに励んでいる。クサビエに苦言を言う事がある。
クサビエ
食いしん坊の王子様。ニコラと騎士様ごっこに励む太目の少年。好物は、ビスケット
トーマス
やんちゃな王子様。機関車が大好きで、いつも1人で遊戯室で遊んでいる。
クララ
おびえたお姫様。医務室で傷の手当等を担当していた少女。16歳。
マーサ(声:Emma Tate)
おそうじ女王様。子供達の食事や院内の清掃をしていた中年女性。
ジョシュア(声:Theresa Gallagher)
残酷な王子様。グレゴリーの息子。バスの中で、ジェニファーに「リトルプリンセスの絵本」を手渡した。
ホフマン(声:Ian Thompson)
孤児院の院長。厳格な性格で、自身を優秀な教師と自負する。
かかしの騎士
動けないが、ジェニファーに助言を与える存在。セーブポイントの役割も担う。元は、ニコラ達が戦いの練習に使っていたもの。
グレゴリー(声:Chris Fairbank)
ジョシュアの父親。本来は、童話作りを趣味とする、優しい性格だったが、ある出来事を機に情緒不安定になってしまう。

用語[編集]

ローズガーデン孤児院
本作の舞台となる孤児院。名前の由来は、職員も子供達も薔薇が好きだったから。また、孤児院の周りには薔薇が咲き乱れている。
赤いクレヨンの貴族
孤児院の少女達による社交界ごっこ。毎月、上位貴族に貢物をするという掟があり、逆らったり貢げなかったりした場合は、制裁(いじめ)を受ける。頂点は、赤い薔薇の姫とクマの王子。赤いクレヨンが身分証明書。

批評[編集]

Metacriticでは59/100の評価を得[5]Game Rankingsでの平均評価は 61%だった[6]

騒動[編集]

ソニーがアメリカに向けてこのゲームを発売することを決定したことを受けて[7]E3 2006にて、 アトラスはこのゲームを米国内でリリースすることを発表した[8]。 このゲームには同性愛的な示唆が含まれているが、ゲーム開発者側はゲーム内に占める性的な内容の割合は少ないとしている[4]

ポーランドではこのゲームについての議論が巻き起こり、教育省は暴力・性表現が未成年者にとってふさわしいかとどうかは疑わしいとした(なお、同国においてこのゲームは16+指定とされている。)

EUの 司法大臣 フランコ・フラッティーニはこのゲームを「みだらで暴力的だ」と批判した。さらに彼は PEGI のレイティングシステムを変更し、業界代表者と話し合うよう政府関係者に求めた[9]

スタッフ[編集]

誤表記版[編集]

  • 初期はセーブするのに必要な容量が戦略SLG並みの1522KBとする誤表記版が販売された。
その後はパッケージが修正され販売されている

脚注[編集]

  1. ^ “16+”指定とした国もある。
  2. ^ Rule of Rose”. Atlus. 2010年4月24日閲覧。
  3. ^ a b Spencer (2006年6月16日). “"Atlus explains Rule of Rose"”. Siliconera. 2007年4月20日閲覧。
  4. ^ a b Sheffield, Brandon (2006年6月7日). “"Thank Heaven for Little Girls: Why Rule of Rose May Be 2006's Most Controversial Game"”. Gamasutra. 2014年4月20日閲覧。
  5. ^ Rule of Rose Games Homepage”. Metacritic. 2014年4月20日閲覧。
  6. ^ Rule of Rose Reviews”. Game Rankings. 2014年4月20日閲覧。
  7. ^ Anderson, Nate (2006年6月8日). “"Citing its underage eroticism, Sony America pulls plug on Japanese video game"”. Ars Technica. 2014年4月20日閲覧。
  8. ^ Sinclair, Brendan (2006年5月11日). “"E3 06: Rule of Rose headed to US"”. GameSpot. 2014年4月20日閲覧。
  9. ^ Jenkins, David (2006年11月24日). “"Rule Of Rose's UK Release Cancelled"”. Gamasutra. 2006年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]