R62 (地下鉄車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R62
3号線を走るR62
3号線を走るR62
営業最高速度 90 km/h
起動加速度 4.0 km/h/s
全長 15,560 mm
全幅 2,620 mm
全高 3,620 mm
軌間 1,435(標準軌) mm
電気方式 直流 625v(第三軌条方式
主電動機 1257E1型
主電動機出力 85kw
製造メーカー 川崎重工業
ゼネラル・エレクトリック
ボンバルディア
アドトランツ

R62アメリカ合衆国ニューヨーク市地下鉄が保有する通勤形電車

この電車は製造場所の違いにより「R62」と「R62A」の2種類に分けられるが、ほぼ共通なため本項では一括して取り扱う。

概要[編集]

老朽化の進む旧型車両置き換えのため、日本川崎重工業(現:川崎重工業車両カンパニー)で製造されたR62とカナダボンバルディア(現:ボンバルディア・トランスポーテーション)製のR62Aからなるグループである。ともにニューヨーク市地下鉄で初めてのステンレス車体(SUS304)かつ冷房車であり、日系メーカーへの発注も初めてであった。 日本の兵庫工場で作られたR62の最初のグループは1983年10月にニュージャージー州ニューアーク港に陸揚され、その後順次4号線に投入されて1985年8月までに5両編成65本(325両)すべてが投入された。R62Aは1985年から87年にかけて5両編成165本(825両)が投入された。

車体外観[編集]

ステンレス製16m級で片側3つの両開きドアを持つ通勤型の車体である。ステンレスの採用は錆びにくいことや、当時ひどかった車体への落書を防ぐ(塗料が乗りにくい?)ことによるメンテナンスフリーを目的とした。当初は全ての車両に運転台を設け、故障が起きた場合も柔軟に編成を組みかえることが出来ることを目標としていたが、整備コスト削減のために後に固定編成化されている。ただし、緊急時に備えて運転台は付けられている。

客用案内装置として車外スピーカーを搭載する。

内装[編集]

座席に凹凸をつけて定員での利用を促すバケットシートを採用したものの、従来のベンチシートに比べて定員が少なくなるので苦情もあった。このため一部はベンチシートに交換されたものの、大半はバケットシートのままである。なお、最新の地下鉄車両はバケットシート仕様で落成している。

運転・走行機器[編集]

電装品はゼネラル・エレクトリック(GE)製を採用している。なお、R62Aはアドトランツの電装品を採用している。

編成例[編集]

5両編成

通常は2編成ユニットで運転されるため、単体での運転はない。

事故[編集]

R62

1991年8月に4号線の南行列車がユニオンスクエア14ストリート駅構内で急行線から緩行線に転線しようとした際に脱線、地下線内であったために壁に激突して車両は大破した。原因は15km/h制限の分岐器を60km/hで通過しようとしたことによる。事故当時運転士は飲酒により意識が朦朧としていた。この事故で5人が死亡、5両が廃車になった。また、2000年10月には4号線フォーダムロード駅構内で回送列車同士の追突事故が発生。死傷者は出なかったものの3両が廃車になった。

R62A

現況[編集]

主に4号線で活躍していたが、後発のR142Aの投入で3号線に転じている。事故により8両が廃車になった以外は本格的な置き換えは始まっていないが、2023年から26年にかけてR62A共々後継車両への置き換えが予定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目 [編集]