PT-85

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PT-85
性能諸元
全長 9.40m
全幅 3.10m
全高 2.80m
重量 20.0t
懸架方式 トーションバー方式
速度 60km/h整地
10km/h(水中)
行動距離 500km
主砲 85mm戦車砲
9M14M マリュートカ対戦車ミサイル(AT-3)
副武装 KPVT 14.5mm重機関銃
7.62mm機関銃(銃種不明)
装甲 30mm(部位不明)
エンジン ディーゼル
乗員 4名
テンプレートを表示

PT-85(82式軽戦車、82식경전차)は、北朝鮮が開発した水陸両用軽戦車アメリカ国防総省の呼称はM1985

概要[編集]

北朝鮮が開発したVTT-323装甲兵員輸送車中国63式装甲兵員輸送車の車体延長型)の車体(85式装甲兵員輸送車(YW-531H)の車体とする説もある)の延長型に、PT-76水陸両用戦車に似た形の砲塔を搭載した車両である。主砲は、PT-76のD-56T 76.2mm砲に対して85mm砲に強化されており、BMP-1BMD-1と同じく9M14 マリュートカ/AT-3 サガーの発射レールを備えており、火力が大きく強化されているのが特徴である。転輪の数は、63式が4組、VTT-323および85式が5組に対し、PT-76およびPT-85は6組である。上部支持輪は無し。

輸出は一切されておらず、PT-76と共に朝鮮人民軍に配備されていると考えられている。具体的な生産台数・配備数は不明だが、1998年末の段階で、PT-76と合わせて540両を保有していたとされている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]