Mk44 (魚雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.44
Mk44 torpedo Kanoya Museum.jpg
種類 短魚雷(LWT)
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1958年-現在
開発史
開発者 ゼネラル・エレクトリック
開発期間 1952年-1956年
諸元 (Mk.44 mod.1[2])
重量 433ポンド (196 kg)
全長 2.5m(101.3in)
弾体直径 324mm(12.75in)

弾頭 HBX-3
炸薬量 73 lb (33 kg)

エンジン 2重反転プロペラ
海水電池
有効射程 6,000 yd (5,500 m)
深度 50–1,000ft (15–構文エラー: 予期しない演算子 < です。m)[1]
速度 32ノット
誘導方式 アクティブ音響ホーミング英語版

Mk.44は、アメリカで開発された短魚雷。アメリカのみならず、カナダフランスイタリア日本イギリスオーストラリアでも採用され、アメリカだけでも、1959年から1965年度予算で10,583発が生産された。対潜誘導魚雷であり、アスロック弾頭としてのほか、水上艦船や対潜哨戒機に搭載・運用される。

来歴[編集]

第二次世界大戦後、アメリカ海軍は、新世代の対潜兵器としてアクティブ音響ホーミング英語版式の誘導魚雷の開発に着手しており、水上艦用のMk.321940年代中盤より、また、航空魚雷としてのMk.431950年より配備されていた。しかし、これらはいずれも低速であり、信頼性にも問題があった。このことから、これらを更新するための第2世代の短魚雷として開発されたのが本機である。開発は1952年ごろより着手され、1956年までに完了した[1]

当初は、海軍兵器実験ステーション(NOTS)海軍主導で電気モーターを使用しプロペラに直結するEX-2Aと、ジェネラル・エレクトリックが主導する硝酸プロピル系燃料を使用するEX-2Bの2つの設計案が検討された。EX-2Bは燃料事故を起したため、電気モーター使用に切り替え、モーターをギアでつなぎプロペラをまわす方式となった。この改良されたEX-2Bが採用選定され、Mk.44 mod.0となった。また、1956年からは、さらに改良されたMk.44 mod.1が実用化され、1958年7月より生産が開始された[3]

設計[編集]

Mk.44は短魚雷としては、一般的な構造で前よりセンサー部、弾頭部、誘導部、バッテリー部、機関部となっている。バッテリーは海水を電解質とし、塩化銀マグネシウムを電極とした海水電池とされた[2]。4翔式の二重反転プロペラを持ち、4枚の制御翼を持つ。

捜索パターンは直径440フィート (130 m)の螺旋パターンであり、まず初期捜索深度で捜索を行ったのち、設定された角度によって降下/上昇し、下限捜索深度までの間で、6分間にわたって捜索を行う。各パラメータは下記のように設定できる[1]

  • 初期捜索深度 - 50、150、250、450、650、900フィート
  • 下限捜索深度 - 150、250、450、650、900フィート
  • 降下/上昇角 - 4.5、6、7度

異なる初期捜索深度を設定しての連続発射の戦術も行なわれる[4]

前任のMk.32は、艦艇においては横抱き式の落射機を用いて投射されていたが、本機では、3連装のMk 32 短魚雷発射管が用いられることが多かった。また、アスロックアイカラ英語版などの対潜ミサイルの弾頭や、Mk.43と同様に対潜哨戒機哨戒ヘリコプターに搭載しても用いられる。

配備[編集]

Mk.44は、戦後型の通常動力型潜水艦など、速力17ノット以下の潜水艦を想定目標としていた[1]。しかし、ソビエト連邦軍において、大速力の原子力潜水艦の配備が急速に進展したことから、本機では雷速不足が指摘されるようになり、1966年より、より高性能のMk.46の艦隊配備が開始された[2]

Mk.44は、北大西洋条約機構(NATO)など西側諸国の標準的な対潜魚雷となった。海上自衛隊でも、1963年より、駆潜艇向けのMk 32 短魚雷発射管とともにMk.44 mod.1の導入を開始し[2]、翌1964年にはMk.44 mod.1-Nとしてライセンス生産化された。ただし、アメリカ海軍と同様の問題から、1973年より、後継の73式短魚雷が開発・導入されている[5]。その他の各国でも順次に退役しており、例えばニュージーランド海軍でも1993年には退役している[1]

Mk.44は広く採用されたことから、その改良も広く行われており、例えば1986年にはハネウェル社より音響装置のデジタル化パッケージが発表された。これはKT44として韓国海軍で採用されており、シーカーの捜索範囲は3倍に強化されたほか、平均故障間隔(MTBF)も160時間から3,000時間に延伸されている。また、南アフリカのIMT社で開発されたA44は全面的に改設計して、全長2,573mm、重量196.8kgとなっており、弾頭も45kgの成形炸薬弾に強化された。また、運用深度も、最浅で10m、最深で1,000mに拡張されている[1]

運用国[編集]

参考文献[編集]

  • スペシャル No76 水雷兵器 潮書房 1983年
  1. ^ a b c d e f Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. p. 691. ISBN 978-1557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 
  2. ^ a b c d 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み(第10回) 2次防艦に関わる外国製新装備」、『世界の艦船』第785号、海人社、2013年10月、 104-110頁、 NAID 40019789703
  3. ^ James V. Shannon (2002年6月14日). “Post-World War II Acoustic ASW Torpedo Development - A brief history of the MK-35, MK-41, MK-43 and MK-44” (英語). 2014年5月31日閲覧。
  4. ^ 『新明和 PS-1 (世界の傑作機 NO.139)』 文林堂、2010年、93頁。ISBN 978-4-89319-188-5
  5. ^ 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み(第19回)」、『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 200-207頁。

外部リンク[編集]