Microsoft BASIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft BASIC(マイクロソフト ベーシック)とは、マイクロソフトが開発・販売する、BASICの実装(処理系)である。

概要[編集]

マイクロソフトの基盤を築いた製品である。 最初に登場したのは1975年Altair BASICとしてであり、ホビースト向けマイクロコンピュータMITS Altair 8800用の最初のBASIC(最初のプログラミング言語)であった。

Altair BASIC インタプリタは、マイクロソフト社を設立したポール・アレンビル・ゲイツ(および Monte Davidoff からの手伝い)が開発した。開発には自製の8080ソフトウェアエミュレータミニコンピュータ PDP-10 上で動作させて使用した。紙テープの形で販売され、初期バージョンは 4Kバイトのメモリを使用した。拡張した8Kバイトバージョンは、いろいろなプラットフォームに移植された。BASIC-80(8080/85とZ80)、BASIC-68 (MC6800)、BASIC-69 (MC6809)、6502-BASIC(困ったことに 8K ROM チップが一般的だった時代に 9KB になってしまった)、そして 16ビットの BASIC-86 (8086/8088)である。これはMicrosoft BASICの実行ランタイムが仮想マシンのエミュレータとしての側面が強かったため、多彩なプラットフォーム展開を可能にしていたことによるものである。その反面、エミュレータに近い動作であるため、実行速度の面では特定環境に依存した独自実装BASICに及ばないという問題も抱えていた。

Altair BASICでの成功の後、Microsoft BASIC は儲かるソフトウェアライセンスビジネスの基盤となっていく。1970年代から(特に)1980年代にかけて、様々なホームコンピュータパーソナルコンピュータに移植され、拡張されていった。オリジナルのAltair BASIC とは対照的に、多くのパソコン用のBASICはROMに格納され、マシンの電源を入れると"READY."(または"Ok")のプロンプトを表示して直ちに使えるようになっている。つまり、Microsoft BASIC とその派生品は初歩的なオペレーティングシステム (OS) の目に見える主要な部分を担っていた。

文字列変数や文字列編集関数が使用できる版では、メモリ管理でガベージコレクション(GC)が発生するような方式であるため(リストのようなデータ構造は無いので、一般のGCのようにマーク等はしない)、長いときには数分間止まる。

Microsoft BASIC の派生品[編集]