K・W・ジーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・ウェイン・ジーター
Kevin Wayne Jeter
JeterWorldFantasy89.jpg
ジーター(1989年)
誕生 1950年
職業 作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主題 サイエンス・フィクションホラー
代表作 『ドクター・アダー』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ケヴィン・ウェイン・ジーターKevin Wayne Jeter1950年 - )は、アメリカ合衆国作家SFホラーを主な作風とする。スタートレックスター・ウォーズ・シリーズの世界を舞台とした小説や、『ブレードランナー』の続編なども書いている。

経歴[編集]

カリフォルニア州立大学フラトン校で学び、そこでジェイムズ・P・ブレイロックティム・パワーズと親交を結び、彼らを通してフィリップ・K・ディックとも知り合うことになった。ディックの小説『ヴァリス』の登場人物ケヴィンは、ジーターからインスピレーションを受けたといわれる[1]。ジーターの作品の多くは、ディックを思わせるようなリアリティの主観性を主題としている。

ジーターの小説『ドクター・アダー』は世界初の真のサイバーパンク小説[2]とも言われており、フィリップ・K・ディックはこれを熱烈に推奨した。性と暴力の描写が過激だったため、出版してくれる出版社を見つけるのに約10年かかっている。「スチームパンク」という用語は、友人のブレイロックやパワーズと共に古いテクノロジーと歴史改変を扱った作品を説明するために生み出した用語である。ジーターの作品でスチームパンクとされているものとしては、Morlock Night と『悪魔の機械』(Infernal Devices) がある。

現在は、妻と共にラスベガス中心部に住んでいる。

オリジナル作品のほかにジーターは、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とする1982年の映画『ブレードランナー』の公式な続編をいくつか書いている。

主な著作[編集]

オリジナル作品[編集]

ブレードランナー[編集]

  • Blade Runner 2: The Edge of Human1995年)。邦訳『ブレードランナー2』浅倉久志訳、早川書房
  • Blade Runner 3: Replicant Night1996年)。邦訳『ブレードランナー3』大野晶子訳、早川書房
  • Blade Runner 4: Eye and Talon(2000年)

スタートレック ディープ・スペース・ナイン[編集]

スター・ウォーズ[編集]

  • The Mandalorian Armor(1998年)
  • Slave Ship(1998年)
  • Hard Merchandise(1999年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ Sutin, Lawrence (1989). Divine Invasions. New York, New York: Carol Publishing Group. pp. 258. ISBN 0-8065-1228-8. 
  2. ^ Timeline - CyberpunkWiki

関連項目[編集]

外部リンク[編集]