FM mle1924/29軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FM mle 1924/29軽機関銃
FM 24-24 automatic rifle Invalides 01.jpg
fusil-mitrailleur mle 1924
概要
種類 軽機関銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 シャテルロー造兵廠
性能
口径 7.5mm
銃身長 640mm
使用弾薬 7.5mm×54
装弾数 25発
作動方式 ガス圧利用
全長 1.080mm
重量 9.75kg
発射速度 450発/分
銃口初速 830m/s
有効射程 550m

FM mle 1924/29軽機関銃(fusil-mitrailleur mle 1924 FM-24/29)第一次世界大戦後にフランスで開発された軽機関銃である。

開発経緯[編集]

FM mle 1924/29

第一次世界大戦以降、フランス軍でショーシャFM Mle1915軽機関銃に代わる新型軽機関銃としてフランスで開発された軽機関銃である。

開発は主にシャテルロー造兵廠で開発が進められ1921年から研究が開始、7.5mm×59及び7.5mm×56という弾薬が試作された。1922年、7.5㎜×58弾薬が試作され、開発中の軽機関銃(後のFM Mle1924)と共にテストされ1924年にFM Mle1924軽機関銃共々採用された。しかし、配備された部隊にて7.92㎜×57(8mmマウザー)弾薬と混同して死傷者を出す事故が起き、シャテルロー造兵廠は1927年、薬莢を識別し易くする為に7.5㎜×54弾薬を開発、先のFM Mle1924軽機関銃は以降、新弾薬で製造される事になった。これがFM Mle1924/29軽機関銃である。 機関部は基本的にアメリカで開発されたブローニングM1918を参考にしたためガスオペレーション方式及びオープンボルト式を採用。銃本体の二脚の他に銃床にも固定射撃用の立脚が装着されている。またセミ・フルオート射撃の切り替えがスイッチ式ではなく、専用の射撃トリガーが2つ前後に独立して並んでいるといった当時には珍しい機関部となっている。

その後[編集]

完成したFM mle 1924/29軽機関銃は1930年代から量産を開始し1938年には全部隊にてショーシャ軽機関銃からの引継ぎを完了している。

第二次世界大戦を通してフランス軍での主力軽機関銃として活躍した。その後フランスがナチス・ドイツにより占領されると、ドイツによる傀儡政権であったヴィシー政権及びイギリスに亡命した自由フランス軍などでFM mle 1924/29軽機関銃は使用され、ドイツ陸軍でも補助兵器としてフランス沿岸の防空警備などで僅かに使用されている。

大戦終結後は1950年代の中頃までフランス陸軍で使用され インドシナ戦争などでフランス陸軍で使用されるが、新型のベルト給弾式AA-52汎用機関銃が登場すると陸軍からは順次取り替えられていった。

登場作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

映画序盤において、ド・ゴール大統領暗殺のために大統領夫妻の乗るシトロエン・DSに対して側面から発砲したOASの暗殺者3人の内1人が所持・使用。後の2人はそれぞれMP40トミーガン (おそらくM1928A1) を使用。

関連項目[編集]