シャテルロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Châtellerault
Blason ville fr Châtellerault (Vienne).svg
Vuesud1.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ポワトゥー=シャラント地域圏
(département) ヴィエンヌ県
(arrondissement) シャテルロー郡
小郡 (canton) 3小郡庁所在地
INSEEコード 86066
郵便番号 86100
市長任期 ジャン=ピエール・アベラン
2008年-2014年
人口動態
人口 31 902人
2011年
人口密度 655人/km²
地理
座標 北緯46度49分04秒 東経0度32分46秒 / 北緯46.817778度 東経0.546111度 / 46.817778; 0.546111座標: 北緯46度49分04秒 東経0度32分46秒 / 北緯46.817778度 東経0.546111度 / 46.817778; 0.546111
標高 平均:m
最低:42m
最高:134m
面積 51 93km² (5 193ha)
Châtelleraultの位置(フランス内)
Châtellerault
Châtellerault
テンプレートを表示

シャテルローChâtellerault)は、フランスポワトゥー=シャラント地域圏ヴィエンヌ県コミューン

地理[編集]

市内をヴィエンヌ川が流れ、クラン川、エンヴィーニュ川と合流する。

歴史[編集]

コミューンの名は、都市をつくったAiraudにちなむ。子爵の位を得て彼はこの地に城を築いた。城はラテン語でCastrum Airaldiと呼ばれ、やがてこの2つの言葉が合体して現在の名前となった。

  • 936年 - Airaudの名が初めて記録に残された
  • 952年 - ヴィエンヌ川とクラン川の合流地点、ヴィエンヌ川左岸に、Airaudの子孫が砦を築いた。
  • 11世紀 - Airaudの一族が断絶し、町はラ・ロシュフコー家の領有となる。
  • 1482年 - ラ・ロシュフコー家の領土がフランス王領に併合される。
  • 1505年 - ブルボン公妃アンヌ・ド・フランス、シャテルロー領主となる。
  • 1514年 - フランソワ1世、シャテルロー子爵位をシャテルロー公爵へ引き上げる。
  • 1549年 - アンリ2世、シャテルロー公位をスコットランド貴族であるアラン伯ジェームズ・ハミルトンへ与える。
  • 1609年 - 大シャテルロー橋(現在のアンリ4世橋)完成
  • 1630年 - 黒死病流行
  • 1940年6月22日 - ドイツ国防軍、シャテルローを占領。

経済[編集]

長く刃物と武器製造の伝統を持っていたが、現在は自動車産業や航空機設備産業へ転換された。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

著名な出身者[編集]

外部リンク[編集]