Escキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Escキー(エスケープキー)とは、コンピュータ用のキーボードにあるキーの1つで、「Esc」または「Escape」と書かれており、エスケープシーケンスの入力や、「キャンセル」などのショートカットキーとして使用されている。

概要[編集]

Escキーは「Esc」または「Escape」と書かれたキーであり、エスケープコード(ASCIIエスケープシーケンスを生成させるための文字コード)を発生させる。現在ではエスケープシーケンスは大半のユーザーには関係しないが、Escキーは多くのアプリケーションプログラムで「キャンセル」の意味で使用されている。

歴史[編集]

多くのアプリケーションプログラムでは、ESCキーは「現在の操作を抜ける(脱出する)」用途で使用された。初期のアプリケーションプログラムでは、この際に「変更を保存して終了する」場合(つまり完了)と、「保存せず終了する」場合(つまりキャンセル)があり、ユーザーの混乱にもなった(CUAも参照)。

伝統的な多くのテキストエディタワープロソフトでは、Escキーは「モード変更」(現在の編集モードを抜けてコマンドモードに移動する)用のキーとして多用された。viではEscキーによりコマンドモードに移動できる。一太郎ではEscキーにより「Escメニュー」が表示される。MS-DOS版のMicrosoft WordではEscキーによりメニューが表示される。またVZ Editorの常駐モードでは、EscキーによりMS-DOSよりVZ Editorを起動できる。このため101キーボード以降でEscキー(およびコントロールキー)の位置がホームポジションから離れた事は議論となった(コントロールキー#キーの位置も参照)。

なおメインフレームの伝統的な環境では「システムのコマンドモードに移動する」という用途には、専用のSysRqキーが使用される(TSO使用中のVTAMコマンド入力など)。

用途[編集]

多くのウェブブラウザでは、Escキーは「中止」ボタンのショートカットキーとされている [1][2][3]

現在のWindowsでは、Escキーはダイアログボックスの「いいえ」「終了」「キャンセル」「中断」などのショートカットキーとして使用されている。またWindowsの稼働するマシンでキーボードにWindowsキーが無い場合では、コントロールキーを押しながらEscキーを押すことで、Windowsの「スタート」ボタンのショートカットとなる。WindowsにはEscキーの使用を含めた多数のショートカットがあり [4]、その多くはWindows 3.0で生まれ、XP, Vistaを経由してWindows 7にも引き継がれている。

Mac OS Xでは、コマンドキーを押しながらEscキーを押すことで、Front Row 起動のショートカットとなる [5]

備考[編集]

言葉遊びとして、「Esc」の由来は「Escape」ではなく「extra services control」とも言われる[6]

参照[編集]

  1. ^ Unix keybindings for Netscape
  2. ^ IE7 Quick Reference Sheet
  3. ^ Cheat Sheet for Mozilla FireFox (Key Board Short Cuts)
  4. ^ Windows のキーボード ショートカット
  5. ^ Mac OS X のキーボードショートカット
  6. ^ Richard C. Detmer, Essentials of 80x86 Assembly Language, pg.14

関連項目[編集]