ページアップキーとページダウンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ページアップキー(上段の右のキー)とページダウンキー(下段の右のキー)

ページアップキー(PgUpキー、英:Page Up key)およびページダウンキー(PgDnキー、英:Page Down key)は、コンピュータ用のキーボードのキーで、ディスプレイ上の表示を上下方向にスクロールすることで、前のページや次のページを表示する用途に使用される。

名称[編集]

以下のように呼ばれることもある。

  • ページアップキー(ページ上げキー、前ページキー、前頁キー、スクロールダウンキー)
  • ページダウンキー(ページ下げキー、次ページキー、次頁キー、スクロールアップキー)

「スクロール」の場合は上下方向の表現が逆になるので注意が必要である。また「ページ」の場合は、移動単位は文書上のページ(ワープロソフトなどで印刷されるページ)ではなく、画面上のページ(ウィンドウなどに表示している範囲)である場合が多い。

概要[編集]

ページアップキーとページダウンキーは、基本的には文書のスクロールに使用されるが、移動する距離はアプリケーションプログラムによって異なる。文書が画面より短い場合は、これらのキーを押しても何も起こらない。

カーソルキー矢印キー )やマウスホイールなどでもスクロールはできるが、1回押した場合の移動距離は短い。

多くのオペレーティングシステムやアプリケーションソフトウェアでは、編集中にシフトキーとの併用( Shift+PgUp および Shift+PgDn)により、現在のカーソル位置からスクロールした範囲までの全ての文字を選択(ハイライト)することができる。

またいくつかのアプリケーションソフトウェア(ワープロソフトの多く、Adobe Readerなど)では、コントロールキーとの併用(Ctrl+PgUp および Ctrl+PgDn)により、表示画面上のページ単位ではなく、そのアプリケーションにおける文書上のページ単位で移動(つまり前ページおよび次ページ)することができる。

備考[編集]

2008年8月19日 マイクロソフトは、ページアップキーやページダウンキーが、通常の表示画面の単位ではなく、ワープロソフトでのページ単位で正確に移動する特許を取得した(US, number 7415666, status application, title "Method and system for navigating paginated content in page-based increments", pubdate 2008-09-19)。

伝統的なメインフレーム用の端末IBM 3270IBM 5250など)では、ページアップキーやページダウンキーは存在せず、現在の端末エミュレータでも以下のキーを使用する。このキーアサインは当初のCUA(CUA '97)でも推奨されたが、後にはアプリケーションに任された。

  • PF7キー(現在のF7キー、前頁キー):ページアップキーに相当する
  • PF8キー(現在のF8キー、次頁キー):ページダウンキーに相当する

関連項目[編集]