アプリケーションキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アプリケーションキー

アプリケーションキーまたはメニューキー(英:Menu key)とは、Microsoft Windows用のパーソナルコンピュータキーボードに配置されている場合があるキーの1つであり、キートップにはメニューとマウスカーソルマークが刻印されている。

概要[編集]

Windowsを中心としたコンピュータ用のキーボードに存在する場合がある。このキーが存在しないキーボードもある。

通常はキーボードの右側のAltキーWindowsキーの間、または右側のAltキーコントロールキーの間に位置している。キートップには、メニューとその上に置かれているカーソルが描かれた、小さいアイコンが刻印されている。

Windowsキーと同時に登場した。搭載や使用はオプションであり、Windowsを使用する上で必須ではなく、特に重要でもない。

機能[編集]

基本機能は、マウスの右ボタンをクリックした場合と同様で、コンテキストメニューが表示される。ショートカットキーの「Shift + F10」とも同様である。マウスカーソルの位置によっては、コンテキストメニューが表示されない場合もある。アプリケーションキーは通常、マウスに右ボタンが無い場合などに使われる。

備考[編集]

いくつかのWindowsパブリックターミナルでは、セキュリティの観点からユーザーに右クリックをさせないように、キーボードにアプリケーションキーが存在しない場合がある。

日本語キーボード(JISキーボード)では、かな漢字変換のキーの存在のためにスペースキーの幅が狭い。Windowsキーとアプリケーションキーの登場により更に狭くなったため、スペースキーで漢字変換するユーザーやゲームユーザーなどスペースキーを多用するユーザーには、必要性を批判される事が多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]