エンドキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンドキー(下段の中央のキー)

エンドキー(ENDキー、英:End key)は、コンピュータ用のキーボードのキーの一つで、ホームキーと反対の機能を持ち、カーソルを行の末尾に移動する用途などに使用される。

概要[編集]

エンドキーは通常は「End」と刻印されており、ホームキーの反対の機能を果たす。多くのコマンドライン環境、テキストエディタワープロソフトなどでは、カーソルを現在の位置から行の末尾に移動(ジャンプ)する用途などに使用される。

歴史[編集]

詳細はホームキーを参照。

用途[編集]

Windows[編集]

Windowsでは、移動する向きが反対である除けばホームキーと同様である。編集中はカーソルが現在の位置から行の先頭に移動する。編集できない場合は文書の末尾(最終ページ)に移動する。編集中でも「Ctrl + End」で文書の末尾(最終ページ)に移動する。編集中の「Shift + End」で現在の位置から行の末尾までを選択できる。

Mac OS X[編集]

大半のMac OS Xアプリケーションソフトウェアでは、エンドキーは他のプラットフォームとは異なる動作をするが、移動する向きが反対である除けば、ホームキーとほぼ同様である。エンドキーが押されると、ウィンドゥは一番下に移動する。

Linux[編集]

Linuxでは、エンドキーは基本的にはWindowsの場合と同じ働きをする。

参照[編集]


関連項目[編集]