B-11無反動砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-11無反動砲
B-11-107mm-recoilless-rifle-batey-haosef-2-1.jpg
イスラエルの軍事博物館に展示されているB-11無反動砲
種類 無反動砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1954年 ~ 1970年代
配備先 ソビエト連邦ブルガリアカンボジア中国東ドイツエジプト北朝鮮パキスタンポーランドシリアベトナムなど
関連戦争・紛争 ベトナム戦争など
諸元
重量 304.8kg
全長 3.56 m(輸送状態)
銃身 3.38 m
要員数 5 名

口径 107mm
砲身 3.38 m
仰角 -20° ~ +35°
旋回角 左右250°ずつ
発射速度 6 発 / 分
有効射程 450 m(直接照準)
最大射程 1,400 m(間接照準)
装填方式 後装式
照準 PBO-2光学照準器

B-11無反動砲は、ソビエト連邦製の107mm無反動砲である。

概要[編集]

砲身にライフリング(線条)の無い滑腔砲であり、直接照準だけでなく間接照準による砲撃も可能である。砲架には2つのゴムタイヤが付いており、6輪式のZIL-157トラックか4輪式のGAZ-69によってけん引される。

1954年に制式採用されたが、対戦車ミサイルの実用化に伴って1970年代にソビエト連邦軍からは退役した。しかし、現在でも多くの国で現役で運用中である。

関連項目[編集]